小さいニュース連発。

(「これが一番驚いた」出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。

小さいニュースがたくさん出て来て、あとあと参照することになりそうですから、ここでまとめておきたいとおもいます。

(以下、画像出典はWWEです。)


・ブレイワイアットのベビーターン。


・・・。

ケガで長期離脱していたブレイワイアットがNHKのお兄さんみたいになって戻って来ました。

Smackdownの試合の合間に、バックステージセグメントのように上掲画像の放送が流されました。

・・・ああ、これもブレイワイアットだわな、という感じでした。

ただ、いつでもヒールに戻れるぜ、みたいな危険さを漂わせている感じ。

ダニエルブライアンとよく合う雰囲気かなあ。

要注目です。


・マネーインザバンクでベッキーリンチは王座防衛ふたつ。


1試合もしないでレイシーエバンス、
突然タイトル戦。

現地時間(2019年)5月19日(日)、コネチカット州にあるXL Centerというキャパ15,000人ほどの会場で、マネーインザバンクが開催されます。

そこでレッスルマニアで両ブランドのタイトルを奪取したベッキーリンチが、両タイトルを防衛します。

ひとつは上掲画像のVs.レイシーエバンス。

レイシーエバンスって、あのカイリセインと抗争していたひとですよ・・・

大出世ですね・・・!!

で、もうひとつのタイトル防衛は、いつものシャーロットです。

ちょっとシャーロット食傷気味かな。


・小橋建太。


あと、英語で書かれるとKENTA(小林)と区別のつかない小橋建太が、AEW系のStarrcastに招かれ、大きなニュースになっています。

くわしくは、WrestlingObserverのこの記事

おもしろいのが、この前WWEにリターンをしたアンダーテイカーのStarrcast出演がナシになった=WWEの妨害にあったことへの腹いせ・・・という経緯ですね。

オーガナイザーのConrad Thompsonも相当くやしかったのでしょう。

アンダーテイカーの穴埋めとして、ジャパニーズレジェンド衝撃のアメリカ降臨です。

でもやっぱりアンダーテイカーはWWEのアイデンティティーなんでしょうね。

・・・・・

以上、小さいニュースでした。