対ブラウンストローマン(2020/4/10 SmackDown)

(「タイトルマッチではなかった」
出典:WWE)

こんにちは、ヤマガタです。

ぜんぜんストーリー展開の手を休めないWWEですが、ここまでガッツリやられると、なんか認めざるを得ません。

そうですよね、働かせないと、回転しないですもんね。

でもアメリカ人の、こういう、動いてないと死にます的な、マグロ的な(解説:マグロは泳いでいないと死ぬらしい。あっちのマグロではない←余計なことだから言うな)・・・

・・・こういうの、自分はたぶん無理だとおもいます。

(以下、画像出典はWWEです。)


・ノンタイトルマッチ


現在のナカムラシンスケのステータス。
US王座2度戴冠!
ロイヤルランブル優勝1回!!
履歴書埋まりまくり!!!

・・・で、今回のSmackDownですが・・・

もうワシャ無理じゃ(本当にそんな感じだったらしいです)という感じでゴールドバーグが手放したユニバーサル王座を、手中におさめたブラウンストローマン(at ガラガラマニア)・・・

そのブラウンストローマンに、ナカムラシンスケが挑みました。

ざんねんながら、というか流石に、ノンタイトルだったんですけれども、ナカムラシンスケには喉から手が出るほどのWWE最高峰です。

ちなみに、インターコンチネンタル王者のサミゼインは、もうナカムラシンスケの下っ端ではなくなってます。

このためパートナーは、セザーロが受け継いだみたいです(上掲画像)。


・負けた(ナカムラシンスケが)


ランニングパワースラム
→フォール。

まあ、デカいのと(ナカムラシンスケ)、バカデカすぎるの(ストローマン)、みたいな試合なんですが・・・

・・・ふつうにかんがえてストローマンに勝てるレスラーなんざ、いませんわな。

体格差あるから、レスナーよりも強いでしょう。

そういうわけで、試合自体は、べつに一方的ではなかったのですけれども、要所要所でダメージを蓄積させるナカムラシンスケに対し、倍返しのストローマン、という構図で・・・

・・・最後はフィニッシャーのパワースラムを喰らい、ナカムラシンスケが負けました(上掲画像)。


・単発だった。


だからコイツのなにがいいのか
よくわからん。

ざんねんながら、今回ナカムラシンスケは、穴埋め役でした。

WWEのストーリーラインとしては、負けてナカムラシンスケが引っ込んだ後が重要でした。

チタントロンにブレイワイアットが出てきて、こんなこといいます。

ブレイワイアット「おめでとうストローマン・・・」

ブレイワイアット「おぼえているか?」

ブレイワイアット「おまえを召喚したのは、オレなんだぜ・・・」

ブレイワイアット「その責任をとって、オレがオマエを無に帰さなくてはならない・・・」

ブレイワイアット「いや、いいんだ。」

ブレイワイアット「オマエがオレに謝って、素直にそのベルトを渡すなら・・・」

このチタントロンに対し(というかFirefly Fun Houseなんですが)、ブラウンストローマンが、勝手にやってろ。おれはゲームにつき合うつもりはない。

・・・そういっておわりになります。

というわけで、ブラウンストローマンvs.ブレイワイアットがメインの抗争になるみたいです。

書いててブレイワイアットとブラウンストローマンの区別がつかなくなって来ました。

まあ、そういうことです。

ナカムラシンスケは、どこに向かうのか・・・

24/7タイトルだけは勘弁してくれ・・・

・・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m