選手多すぎなんだよね・・・(2019/4/2 続Smackdown)

(「めげない」出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。

アスカも出ましたね、今回(2019/4/4)のSmackdown。

今年のレッスルマニアでの扱いに激怒して(たとえば先週)、Smackdownの全選手が反乱を起こす・・・なんてアングルもメディアでは噂されていたんですが・・・。

(以下、画像出典はWWEです。)


・バトルロイヤル前のお披露目ですね。


ノリがよくないと
すぐに蹴落とされそう。

今回(2019/4/2)、18人ミックスドタッグマッチという何かもう、むちゃくちゃな試合が組まれました。

見てて、本当はやりたくないんだろうな~と思ったのは、アンドラデとカールアンダーソン&ルークギャローズです。

ヘビーマシーナリー(Heavy Machinery)とかは、あの片方のイモムシみたいな動きする人が、こういう時、ぜんぜん気にしないキャラで強い。

あの人、生き残るかも。

というか状況わかってないかも。


・レイシ―エバンス。


今回も出て来て
引っ込んだ。
これでギャラおんなじ。
(しらないけど)

レイシ―エバンス(Lacey Evans)知ってますか?

あのカイリセインと抗争していた選手です(この記事とか参照)。

今回の18タッグマッチでも、試合中チタントロンだけ流して登場して、また引っ込む・・・といういつもの(なんですよ!)動きをしました。

レイシ―エバンスへの大プッシュが計画されている・・・というのは色々なメディアで目にします。

・・・まあ根っこはいつものメルツァーなんですけれども。

参考:WWE Reportedly Planning Main Event Push For Lacey Evans

参考:Lacey Evans Set For ‘Super Big’ Push

フジテレビの女子アナって、みんな同じ顔しているじゃないですか。

ああいう風に、人事部かなんかの好みが人選に如実に反映する・・・ってのが、このレイシ―エバンスのケースに当てはまると思います。

要するにシャーロット顔ですよね。


・最後はアスカが決めた。


先週の扱い
これでナシにして・・・
というファンへの
(アスカへ、ではない)
WWEからのメッセージでしょうね。

18タッグマッチでしたけれども、最後はなんか生き残りのバトルロイヤルみたいになって、最後、ハーディーズのどっちかをアスカがオーバーザトップロープで場外に落として勝ち(?)ました。

試合的には意味なかったんですけれども、WWEからの謝罪セグメントでしょう。先週の醜態に対する・・・。

WWEと契約して、猿回しのサルができるか・・・というのはレスラーにとって結構、境界線みたいで、上に少し述べましたけれども、アンドラデは明らかに向いていないですね。

NXTから、メインブランド(RAWやSmackdown)に移籍してからの最大のギャップがそこにあるような気がします。

ようするにポップ。

ようするにクラスで上手いことやってるヤツ。

そんなのが生き残るんですよ。

ようするにアレクサブリブリとか、USAネットワークで枠もってるミズとかですね。

私、クラスで上手いことやってるヤツ嫌いだったんで、質実剛健な”自分、不器用なんで・・・”みたいな健さんキャラに、どうしても肩入れしてしまいます。

ようするにヒデオイタミですね。

ナカムラシンスケは、ミズみたいなタイプになろうとして、なりそこねた、という感じです。

ムリしてなる必要もないと思うんですけどね。

でもナカムラシンスケのレスリングスタイルは、相変わらず素晴らしいです。

ぜんっぜん、今のSmackdownに適合していませんが。

ああ、ダラダラ書きすぎました。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m