棚橋弘至がAEWに登場する、ほか(2021/7/28 Fight For The Fallen)

ランスアーチャーのUS王座に
挑戦表明。
(出典:AEW)

こんにちは、ヤマガタです。

今回のDynamite(特番FightForTheFallenだった)に、棚橋弘至が登場し、ランスアーチャーの保持する新日本プロレスUS王座に挑戦表明しました(トップ画像)。

ちなみに、ランスアーチャーは、いまAEW所属です。念のため。

会場の反応は、なかったです。

なので、棚橋弘至がAEWに登場して(追記※)、どのくらいのリアクション得られるか、注目しましょう。

※追記(修正)

新日本プロレス興行Resurgenceでやるみたいです。

参考:IWGP US TITLE MATCH ANNOUNCED FOR NJPW RESURGANCE


・AEWは二番組制に!


これ、抗争始まるかのようにみえますけど、
アンドラーデが、
PACに共闘提案しているところです。

棚橋弘至の話は、その位にして、いま、AEWは一気に勝負に出てきています。

CMパンクとダニエルブライアンが、AEWに加入することは、最早、公然の秘密になっています。

トニーカーン(AEWのビンスマクマホンに当たるひと)は、ついにCMパンクを獲得したことで、ここが勝負、と考えているようです。

大きな動きは、AEWが、水曜日のDynamiteに加え、金曜日(2021/8/13~)にRampageという番組を始めることです。

金曜日なので、WWEのSmackDownに重なることになります。ただし・・・

AEW Rampageは、金曜10時~11時(ほぼ深夜放送)。

WWE SmackDownは、金曜8時~10時(ほぼゴールデンタイム)。

なので、直接対決は避けた、ということになりますね。

・・・おそらく、くっだらないDarkや、Elevationこれで止めるとおもうんですが・・・

・・・いや、続けるのかなあ。

まあAEW巡業(ハウスショー)は、やってないですもんね。

続けるかもしれません。

参考:AEW Rampage(Wikipedia英語)


・AEWはWWEを追い抜くか?


では、AEWは、もうWWEを追い抜くところまで来ているのか・・・?

新番組Rampageの二週目に(2021/8/20)、CMパンク投入のようです。

参考:Rumor Roundup (July 27, 2021): AEW Chicago plans, CM Punk, WWE Saudi return, more!

参考:CM Punk is definitely showing up here, right?

ここまで(2021/8/20)、しばらくAEWの勢いは続くでしょうね。

・・・ただ、その勢いがどこまで続くか?

失速要因は、いろいろ考えられます↓

① 消えないインディー臭。WWE組の華々しさと、インディー組の、とくにちっこい連中のつまらなさとの格差が酷い。

② 自前の盛り上げができない。いまも結局、CMパンクとダニエルブライアンというWWE輸入組のサプライズで持たせている。つまり、サプライズ病。

③ ImpactWrestlingや新日本プロレス、その他の団体との烏合の衆(うごうのしゅう)感がスゴイ。

・・・逆に、マイペースでやっているROHにスポットライトが当たりそうな気が、私にはしているんです。

あと、自前の盛り上げ方ができているWWEとの差が、やっぱり目立ちます。

AEWは、常に外部から刺激要素をもってこないと盛り上げられない・・・

・・・この差が今後、どう響いてくるか、注目したいとおもいます。

・・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m