ナカムラシンスケは好調だが(2019/7/23 SmackDown)

(「いい感じ」出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。

今回(2019/7/23)のSmackDownは、ナカムラシンスケのインターコンチネンタル初防衛戦が行われました。

相手は、ついさいきんKUSHIDAの相手をしたアポロクルーズ

ここでなぜか小プッシュ受けてますね、アポロクルーズ。

・・・あ、同窓会のSmackDownバージョンですが、ミズTVにショーンマイケルズが登場しました。

これは、報告だけにしておきます。

(以下、画像出典はWWEです。)


・いい試合だった。


ひさびさにナカムラシンスケ、
筋が通って見えるな~(喜)。

アポロクルーズは、パワーも敏捷性もある素晴らしいレスラーなので、単純に良い試合でした。

それ以上に、シングルプレーヤーにしっかり戻ったナカムラシンスケをみれるのが嬉しいですね。

本記事トップ画像にあるとおり、マイクは全然なく、ただ廊下を歩いて試合に登場・・・

・・・という感じで、ナカムラシンスケ自身のストーリーがまったくない、というのが不満なんですけれども、試合自体は、高水準なものでした。

ニューデイのふたりが(ゼイビアウッズとビッグE)が解説席にいて、場をお笑いにしていた・・・という変なアングルが組まれていたのですけれども・・・

・・・それにナカムラシンスケが絡むことはありませんでした。

試合は、キンシャサ→フォールで、ナカムラシンスケの勝利。

試合後、アポロクルーズを蹴って痛めつけていたところをみると、WWEはまだ、ナカムラシンスケをヒールとしてカテゴライズしたいみたいですね。


・かんがえたくないが・・・


こういう短いシーンで、
徐々にオーディエンスが
感情移入するよう
仕向けられている。

・・・ただ、な~んか、ナカムラシンスケの試合後にアリのプッシュセグメント(上掲画像)が挿入されたりして・・・

・・・ナカムラシンスケ、サマースラムでアリ相手にベルト獲られるんじゃないか、しかも前座で・・・

・・・という嫌な予感はあります。

この記事でお伝えした通り、WWEはナカムラシンスケとアリとの抗争を計画しているのです。


・カブキウォーリアーズの登場もなかった・・・


正直、ビジュアル的には
この2人は、
WWEではベスト
だとおもう。
向かって左:マンディローズ
右:ソニヤデビル

先週アイコニクスにたぶらかされたカブキウォーリアーズ(ASUKA&カイリセイン)の登場はありませんでした。

その代わり、上掲画像のセグメントが組まれて、どうやら次アイコニクスの王座に挑戦するのは、ソニヤデビル&マンディローズ組だというのが明らかにされました。

う~~~~ん、この2人もビジュアル的にビンス(WWEの社長)のど真ん中というのが、よくわかるんだよね。

この2人は、レズビアンのラインもアングルに含んでいて、LGBTを取り込もうとするWWEの策略にもうってつけなんですよ。

制作部の評価は、カブキウォーリアーズより、こちら(ソニヤデビル&マンディローズ)の方が高いんじゃないかな・・・

・・・やっぱり外人は外人のビジュアルが好きなんですよ。

そこ、なんとかASUKAとカイリセインが突破できればよいのですが。

もう完全にペイジ次第なんですけどね。ただ、これだけペイジに依存しているのも、なんかいい気分ではありません。

・・・仲間割れ・・・いっそのことしてくれた方が、いいんだが。

とにかくカイリセインは、かなり影薄いです。

よい方向にストーリーが組まれるのを祈りましょう。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m