フィナステリドの今⑬:おススメの銘柄三つ。

こんばんは、バールドです。

銘柄一杯のフィナステリド含有薬についてまとめてきました。

連載第二回目にまとめた通り(上の”銘柄一杯”のリンクと同じですが)、フィナステリド含有薬はAGAのおクスリでも最も銘柄が多く、11種類+αあります。

11種類平たんに比べるのは回り道なので、最後ズバッとこの3つ!というのを示して終わりにしたいと思います。

一応、順位形式で表しますね。


第1位:フィナロ


1mg

100錠3箱で

5,687円。

第1位はフィナロ(Finalo)です。

ベルトリド(デュタステリド1位)のフィナステリド版です。

キノリンイエローフリーです。

決め手は値段ですね。

5,687円÷300錠=18.95円。

これが最安値でした。


第2位:フィナロイド



オオサカ堂さんで、 

3箱300錠で、

6,992円。

第2位はフィナロイド(FinaLloyd)です。

値段も二番目に安く、23.30円/錠です。

むしろこれを見るとフィナロの安さの方が際立つのですが・・・。

ただ、フィナロイドが、フィナステリド含有薬の銘柄としては一番新しいです。

キノリンイエローフリーです。


第3位:フィンペシア(新)



フィナステリド1mg

1箱100錠

2箱で5,234円。

第3位はフィンペシア(新)です。

26.17円/錠になります。

キノリンイエローフリーです。

安定のブランドですね。

缶コーヒーのジョージアで言えばブルーマウンテンです。


・最後に。


これでフィナステリド含有薬については、おしまいにしたいと思います。

最後に総括めいたことを言わせてください。

① キノリンイエローフリーはそんなに気にしなくてよい。医学的証拠の確認されたことではないから。

② プロスカーのような5mgまで攻めるつもりなら、いっそのことデュタステリドに進んだ方がよい。

以上です。

フィナステリドは私には過去の話に思われました。

しかし調べてみて、まだ全然現役であることを知り、なぜか嬉しかったです。

薄毛を克服して、過去の自分を取り戻したいという感情に少し似ているかも知れません。

・・・・・

それでは、本連載はこれで終りです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m