フィナステリドの今⑦:フィンペシア。

こんばんは、バールドです。

銘柄一杯のフィナステリド含有薬についてまとめています。

今回は、ほぼ本命、みんな大好きフィンペシア(Finpecia)です。


・フィンペシア



フィナステリド1mg

1箱100錠

2箱で5,234円。

フィンペシア(Finpecia)は、フィナステリド含有薬で、長い間トップを走っている銘柄です。

私もフィナステリドしか知らなかった頃は、このフィンペシア愛用者でした。(その後デュタステリドの登場で鞍替えしました。)

今でもウチに使い切れなかったフィンペシア、残っています。上の画像の者と一緒ですね。

2箱200錠で5,234円。

5,234円÷200錠=26.17円/錠。

先取りして1位であることを言ってしまったフィナバルドに次ぐお安さです(フィナバルドは23.30円/錠)。


・キノリンイエローありの旧式。



フィナステリド1mg

1箱100錠

3箱で7,141円。

フィナバルドの時ご説明したキノリンイエローですが、発がん性の疑いがある、というだけなので(つまり医学的に確固たるエビデンスはないので)、キノリンイエローあってもいいよ、という方には旧式フィンペシアもあります。

上掲画像のものがそれで、300錠で7,141円となります。

7,141円÷300錠=23.80円/錠と、それでもキノリンイエローフリーのフィナバルドの方がお安いですね(フィナバルドは23.30円/錠)。

なので、最早結論は言ってしまっているのですが、フィナバルド一択、でよろしいのではないでしょうか。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m