ミノタブ概観⑥:どの銘柄がいい?その1。

こんばんは、バールドです。

以前書かせて頂いたミノキシジルタブレットの記事を拡張した連載をさせてもらっています。

ひととおり銘柄を紹介させて頂いたので、今回は、結局どの銘柄がよいのか、ということを考えてみたいと思います。


・方針:10mg換算で値段を比べる。


・・・で、銘柄の比較の仕方ですが、現在ミノキシジルタブレットには、従来の10mg、5mgに加え、2.5mgの銘柄も登場しているのが今回の調査で明らかになったので、一律10mgに換算して、また一番安い買い方をしたことを想定し、比較したいと思います。

まとめます。

① 買い方はまとめ買いをした一番安い買い方で決める。

② 10mg換算で値段を比較する。

→ 2.5mgだったら4粒で1粒分。

→ 5mgだったら2粒で1粒分。

③ 外用薬のように色々な成分はないので、内容については無視。

④ 生産国も無視。

以上の方針で、比較したいと思います。

それでは、行ってみましょう!


1位:ウゲイン、18.97円。


ロニテンジェネリック(ミノキシジル)10mg

1位はウゲインでした。

ベストケンコーさんで、10mgが6本まとめ買い11,382円になります(上掲画像)。

1本100錠なので、11,382÷600錠=18.97円になります。

もちろん、使用期限とかは業者さんの方で調節済みなので安心してください。


2位:ノキシジルボトル、20.73円。


2位はノキシジルボトルタイプでした。

オオサカ堂さんで、10mgが3本まとめ買い6,220円になります(上掲画像)。

1本100錠なので、6,220÷300錠=20.73円になります。

もちろん、使用期限とかは業者さんの方で調節済みなので安心してください。


・とりあえずこのツートップで。


とりあえず、以上のツートップだけ押さえてください。

残り、ノキシジルシート、自称USA産シリーズ、そしてロニタブは次回、扱いましょう。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m