ミノタブ概観③:2.5mg

こんばんは、バールドです。

以前書かせて頂いたミノキシジルタブレットの記事を拡張した連載をさせてもらっています。

本サイトではミノタブは、ノキシジル(Noxidil)1本でご紹介させて頂いたのですが、前回から他の種類のミノタブも視野に入れ、記事を書かせて頂いています。


・2.5mg



Lloyd社

ミノキシジルタブレット

2.5mg

100錠 3,400円

フォリックスリグロースラボのような外用薬タイプのミノキシジル製品は、濃度で商品を特徴づけます。

それに対しミノタブは、含有量で商品を特徴づけます。

ノキシジル(Noxidil)では、5mg10mgしかありませんでした。

それに対し前回ご紹介したサンファーマ社やLloyd社のミノタブはー”ノキシジル(Noxidil)“のようなブランド名はないようですー上掲画像の通り、2.5mgというより低含有量の商品を用意しているところに特徴があります。


・2.5mgから始めるのも悪くない。



Sun Pharmaceutical Industries社

ミノキシジルタブレット

2.5mg

100錠 4,002円

私バールドは、この2.5mgのミノタブから入るのも悪くはない、と思っています。

というのも、やはりあのミノキシジルを体内に直接取り入れるのは大変な恐怖でしょうから(このことはミノタブの連載でも触れました)。

まず、この2.5mgを1日1錠で試して、大丈夫そうだったら、5mg。

そして、最終的には1日10mgを目指してください。

以上がミノタブの最初心者へのアドバイスになります。

・・・・・

それでは。

次回はベストケンコーさんなどの品ぞろえについても見て行きたいと思います。

結構お店によってミノタブ製品違う・・・という印象なんですよ。

では。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m