NXT祭り(Smackdown 2019/2/19)

(「アスカも久々に出たのだが・・・」
出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。

NXT選手のRAW、Smackdown出演が止まりません。

今回(2019/2/19)のSmackdownも、昨日のRAW同様、アリスターブラック、DIY(トマソチャンパ&ジョニーガルガノ)、そしてリコシェが登場し、それぞれ勝ちました。

これは本格的にNXTをイエローブランドとして独立させ、デベロプメント(育成)カテゴリーから、離陸させようとしている証ではないでしょうか。

(以下画像出典はWWEです。)


・1カ月ぶり?にアスカ登場。


マンディローズのチタントロン

(titantron=入場動画+入場曲)

に染まったアスカ。

Cagesideseatsを中心に(※)アスカが出ない出ない・・・と都市伝説みたいにささやかれていたのですけれども、ようやくアスカが出ました。

(※1:If it’s Wednesday, it must be time to play ‘What’s up with Asuka?

※2:Asuka was not on TV again, but WWE did give her a nice video package

出て来て「アスカ、最近どう?」みたいな質問をアナウンサーにされて、誰でもかかって来いや~みたいなリアクションしていたんですが・・・

・・・出て来たのがマンディローズで、しかも負けました。

特に介入もなく。

ノンタイトルだったのでベルトの移動はありませんでした・・・。

まさかレッスルマニアでvs.マンディローズはないと思うのですが、もうちょっとマシなストーリーを現SD王者に与えてください。

そして不気味なのが姿を消したナカムラシンスケです。契約満期界隈なんですよね・・・。

そうそう、尊師ことタイデリンジャーがTwitterでフライングのWWEからのリリース希望を出しました(どこでも記事化していますが、WrestlingObserverはこれ)。


・リコシェがスター。


すごい人気。

今回のRAWとSmackdownにおけるNXTお披露目で、首脳陣が最も手応えを感じたのはリコシェ(Ricochet)でしょう。

うぃこしぇ~って今日も呼ばれていました。

まっすぐなベビー。

すでにスターです。

観客受けもバッチリ。

今回は昨日のRAWとは違い、シングル戦で、サニティーのエリックヤングを下しました。

あれですね、エリックヤング(Eric Young)って独特の動きするんですね。

そっちの方に気が取られました。

・・・さて、この二日間のNXTお披露目は一体、何を意味するのでしょうか。

AEWへの当てつけ?(ウチはインディー系の選手もたっぷり揃ってんだぜ。)

NXTのTV枠でも取ったか?(さよならフルセイル。)

レッスルマニアにNXTの選手出す気か?(これは結構ハードル高いぞ~・・・)

まあ、とりあえず待ってみましょう。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m