個人輸入代行業各社の動向④:お薬なび。

こんにちは、バールドです。

レジットスクリプト(LegitScript)を中心とする個人輸入代行業各社への風当たりは強く、現在でもクレジット問題、つまり個人輸入代行業各社さんのサイトでのクレジットカード決済再会の目途が立っていないようです。

そこで現状をまとめるべく、2018年10月時点での各業者さんの状況をまとめています。

第1回目:ベストケンコーさん。

第2回目:オオサカ堂さん。

第3回目:アイドラッグさん。

以上について調査させて頂きました。

第4回目は、お薬なびさんについて調査してみます。


・お薬なび。


お薬なびホームページ

World Pharmacyという英語表記も目新しい、お薬なびさんです。

コンプライアンスなど色々な面でガードが堅い、という印象です。

ホームページ見させていただいて、なぜインドがジェネリック医薬品先進国なのか、というこを勉強させて頂きました。

インドにおいては他国との特許法に違いがあり、特許期間中の有効成分でもジェネリック薬が製造出来るようになっています。
医薬品の特許には「物質特許」「製法特許」の2つがあります。
物質特許「化学物質(成分)に対する特許」で、製法特許「医薬品の製造における過程の特許」ですが、インドの特許法では医薬品特許のうち、物質特許を認めていません。
物質特許を認めず、製法特許のみを認めているという事は、新薬と同じ有効成分を用いても異なる製法にて製造をすれば別の医薬品として扱われるということになります。

このような理由から、インド製においては早くからジェネリック医薬品が存在するということになり、またインド製のジェネリック薬の商品数も必然的に多くなってしまう訳ですね。

お薬なびさんHPより。

勉強になるな~。


・クレジットカードはVISAのみシャットアウト。


お薬なびさんでは、VISAのみクレジットカードが使用できないもようです(2018/10/21)。

現在VISAカードはご利用頂けません。
別のクレジットカードか、お得な銀行振込みをご利用下さい。

お薬なびさんHPより。


・ミノキシジルは?


オオサカ堂さんだと3,750円。

お薬なびさんの品揃えですが、デュタステリド系は無し。

ミノキシジル系は、フォリックスFR02(上掲画像)が、3,750円と、平均的価格帯で売られていました。

ただ、お薬なびさんだと、1万円の買い物をしないと1,000円ほど送料がかかってしまうみたいです。


・ハイドロキノン。


オオサカ堂さんだと1,257円から。

ハイドロキノン系ですが、お薬なびさんだと1,440円からの価格帯で販売されているようです。


・トレチノイン。


オオサカ堂さんだと1,372円から。

トレチノイン系は、お薬なびさんでは1,620円から販売されていました。


・結論:ハイドロキノン、トレチノインならお薬なびさんへ。


結論ですが、私の担当でない、ケン娘さん担当の領域(カテゴリの健康)で、お薬なびさんは活躍してくれると思います。

① ミノキシジル系とデュタステリド系は弱い→薄毛でお悩みの方には少々ざんねん。

② トレチノインとハイドロキノンは十分手に入る→お肌でお悩みの方には満足。

これがお薬なびさんの特徴です。

クレジット決済もできますので、お薬なびさん、十分、個人輸入代行業の選択肢として数え入れて良いと思います。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

引き続き、目新しい個人輸入代行業さんの現状、調査したいと思います。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m