いい試合だった(Elimination Chamber 2019)。

(「この試合が↑」出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。

WWEに渡った日本人の中にトザワアキラ(戸澤陽)がいます。

サイト運営的には一番PV(ページビュー)取れないので、正直、或る時から話題にするのを控えるように、と諭されていたんですけど、私自身は追うことだけは続けていました。

勢いあまって書いたのが、この連載でした・・・。

(以下、画像出典はWWEです。)


・何度も言うが元クルーザーウェイトチャンピオン。


元クルーザーウェイト王者。

すぐにネヴィルに取り返されたけど。

でもネヴィル(いまPAC)ですよ!!

WWEで最も大きな仕事をなし遂げたのは、今の所アスカです(SD女子王者)。

失速しましたが、ナカムラシンスケもNXT王者、US王者と、それなりに成果は上げています(ただ、この人はジョンシナレベルになって当然と思われていた)。

あとカイリセインのNXT王者も快挙ですね。

そんな中、地道に(本当に地道に)結果を残して来たのがトザワアキラだと言えます。

ヒデオイタミが初めから上から目線で205Liveに参戦し、そして(こう言ったらファンに叱られるのですが)失敗したのに対し、トザワは本当に、このクルーザーウェイトというデビジョンに身の丈を合せて頑張っている選手です。

会社がほしがる人材ですね。

そして実際、もうTAKAみちのくレベルの結果は残しています。

日本に帰ったら自分の団体もってもおかしくないくらいの結果を残しています。

なんと言ってもクルーザーウェイト戴冠は大きい。

今のレベルで振り返ると、トザワの業績はかなり大きいです。

クルーザーウェイト王者は、セドリックアレクサンダー→バディマーフィ(現王者)あたりから、一気に価値があがりました。

繰り返しますが、ムスタファアリも獲れなかったんですよ!!

(・・・分かってます。読んでる人の中で、ここに出てくるレスラーみんな知らない方が50%くらいだということを。)


・いい~~~~~~~~~~試合だった。


コーナーポストからの

パワーボムを切り返しての

ヘッドシザース!!

前座だから少し空席目立つけど、

そんなこと気にしない!!!

で、今回、トザワは、またしても前座でしたが、EliminationChamberでバディマーフィのクルーザーウェイト王座に挑戦しました。(このこと自体、すごいことなんですよ!)

試合は、正直期待してなかったんですけど(←おい)、すごく面白かったです。

あれなんですよ、バディマーフィという選手が、見た目に合わず非常に繊細な選手で、デカい身体で相手の技を数倍よく見せることができる選手なんです(この記事など参照)。

というわけで、トザワのヘッドシザースが切れる切れる・・・(上掲画像)。

トペが切れる切れる・・・。

というわけで、This is awesome!!も飛び出し、前座にも拘らず、非常に観客が集中した試合となりました。

素晴らしい。

トザワはもっともっと評価されてよいと思う。

そう感じた試合でした。

EliminationChamberはこれだけにします。

他は特に何も、なかったです。

コーフィキングストンのプッシュの理由がまったく分かりません。

あれだったら(すみません見てない人)、ランディ―オートンを蘇生させた方が、はるかに盛り上がると思います。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m