オールエリートレスリング(All Elite Wrestling)について:その2。

(出典:BeingTheElite)

こんばんは、ヤマガタです。

オールエリートレスリング(All Elite Wrestling)に触れなければならないと思って記事を書いています。

流れ的には、ALL IN後のバレット倶楽部、という所にあります。

つまり「ALL IN成功したけど、その後どうすんの?」という話の延長線上に、AEW(オールエリートレスリング)設立が浮上してきたわけです。


・CMパンクが乗り気。


今回のAEW(オールエリートレスリング)設立に関連して浮上して来たのが、CMパンク復帰の噂です。

復帰といってもプロレスへの復帰で、MMA(総合格闘技)ではありません。

MMAはまだ一応、現役のようです。

この前、思い切り負けてましたが・・・(この記事参照)。

で、MMA関連で上掲画像のMMAFightingの取材を受けた時、CMパンクは、AEW(オールエリートレスリング)に興味があるかどうかと尋ねられ、肯定的な答えをしたことが話題になっています。


・どんなことを答えたのか?


すっごい長い記事なので、必要最小限の所だけ引用します。

(引用:MMAFighting”CM Punk talks MMA commentary, fighting future, Logan Paul, reports of a new wrestling promotion, more”)

インタビュアー:最後の質問だ。パンク、君はバレット倶楽部のナイスガイと友好関係にあるよね。コーディ、ヤングバックスとかだ。彼らが自分自身のプロレス団体を設立しようという動きがあるって噂を聞いた。君は何か思うところあるかい?

CMパンク:ああ、凄いことやるって印象だ。家族にもね。もし自分に話が回って来たら、まず家族のことを考えるさ。いずれにせよ、今はWWEがすべて、っていう時代でないのは確かだ。

Marc Raimondi: One last thing, I know you have a relationship with some of the guys that were in Bullet Club — Cody, the Young Bucks, those guys. It seems like there are rumors — and possibly more than rumors — that they’re starting their own promotion, their own pro-wrestling promotion. What are your thoughts on them possibly doing that and would you have any interest in possibly joining them?

CM: I think at this point that whatever those guys decide to do will be great for them and their families. If I was asked what I would do or what I would say to them — because they could obviously go to WWE whenever they want — it’s just a matter of is this what’s best for your family? And I think we live in a time now where WWE is not the end-all, be-all.

やりとりは続きます。

インタビュアー:では、実際オファーが来たらどうする?耳を貸す?

CMパンク:耳を貸すよ。話変わるけど、ALL INの時も、バレット倶楽部の連中、自分にオファーしたなんて言ってたけど、あれは嘘だね。ただメールもらっただけ。そんなのオファーとは言わない。

CMパンク:いいかい。まだプロレスを辞める前に、タイアップしたいと思っている幾つかの目標がぼんやりとあるんだ。まだ自分はそれに固執している。いずれにせよ、自分は自由の身だ。覚えておいてくれ。

MR: But if Cody or Matt or Nick Jackson or one of those guys who you know were to reach out, you would listen?

CM: I would always listen. I would listen to them, because just like Dave, I like the Young Bucks. I text with Matt on and off. But business is business. I know Cody was out there in the media saying that an offer was made [for the All In event Sept. 1]. An offer was not made. Calling me up or texting me saying, ‘Hey, if you want to come to the show and do something, we would love that’ is not an offer. That’s not an offer.

CM: There’s other things. There’s a couple more loose ends that I’m still trying to tie up to fully absolve me from the world of pro wrestling. I feel like I’ve still been attached to it since the day that I left it and that’s mostly because of fugazi lawyers and such. But we’re wrapping all that up and that’ll come to an end. And once I’m truly free, we can explore the world and just float and hang out.

・・・と、このようにパンクはまだ、プロレスに興味津々(未練たらたら?)のようですね。

今回のインタビューはCMパンクが、MMA解説者デビューする(UFCではなく、CFFCという団体)、ということに関してのものだったのですけれども、この最後の部分が各メディアで大きくとりあげられています。

これは実際、話として動き出しているんじゃないかな。

そんな風に思います。

それにしてもインタビュアー(Marc Raimondi)、「してやったり」でしょうね。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m