RoyalRumble2019①:ケニーサプライズなし。セスロリンズあんぐり。バラーバラバラ。

(「満員?」出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。

現地時間(2019年)1月27日、アリゾナ州フェニックスにあるチェイスフィールド(Chase Field)という野球場で、RoyalRumbleが開催されました。

なーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーんも起こらない保守の極みみたいな大会だったのですけれども、観客動員数は48,193人で、軽くレッスルキングダム(WK13)を抜きます。そこはさすがWWE。

ちなみにチェイスフィールドのキャパは48,686人あたりで(すごい”あたり”だな)、統計上は満員御礼ですね。

この観客動員数と上掲画像をよ~く比べてみるのも一興でしょう。


・オメガのサプライズはなかった。


これでRoyalRumble出たら

認めるよ。

私は最後まで、ケニーオメガ(Kenny Omega)のサプライズあると思っていたんですけどね。

新日本の契約が何やら、本気でAEW行くつもりなのか、ケニーのケの字もなかったみたいです。

ただね、ビンスマクマホン(Vince McMahon)も73才でしょ?

この人なくなったら、自然とWWEの勢いなくなるよ。

今がWWEの頂点だという見方もあると思うんだけどなあ・・・。

(以下、画像出典はWWEです。)


・男子ロイヤルランブルはセスロリンズ。


本人も驚いている。

男子ロイヤルランブルは、約1名非男子が混ざっていましたが(ナイアのジャックスちゃん)、セスロリンズ(Seth Rollins)が獲りました。

まったく分からん、このプッシュ。

ここでバラープッシュなら、分かる。

あ、ちなみに3番目にナカムラシンスケも出ました。

去年の優勝者が、しかも前座で試合しているのに(ルセフに勝って新US王者)、どうして・・・って思う人もいるかも知れませんね。

ロイヤルティーですよ。

ちょこっとRoyalRumble戦に参加することで、ナカムラシンスケもおカネが入って来るようになるわけです。(前座はそれがなく、だからネヴィルとかがブチ切れていた。


・ノーマルバラーがバラバラ。


これ

キムラロック(kimura lock)

でいいんですね。

ユニバーサル王座戦は、ノーマルのフィンバラー(Finn Bálor)が出て来て、ブロックレスナー(Brock Lesnar)にサブミッションで負けました(上掲画像)。

こんなところでチンタラ試合しているより、早くナカムラシンスケとレスナーのアングル組んでくれ・・・。

ちなみにレスナーの防衛戦は、これまた茶番だったSurvivorSeriesのダニエルブライアン戦以来でした。

・・・・・・

とりあえず1報目は、こんな感じで許してください。

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m