WK13レビュー1:まさかのマス棚橋戴冠。

(「あ~やっぱり
この人の団体なのかな
と思ふ」
出典:NJPW)

こんばんは、ヤマガタです。

2019年1月4日、新日本プロレス年間最大興行レッスルキングダム13(Wrestle Kingdom 13)が文京区にある東京ドームで開催されました。

観客動員数はまだ公開されていませんが、一説によると5万人突破したとかしないとか・・・。

メインはご承知の通り、棚橋弘至(Hiroshi Tanahashi)vs.ケニーオメガ(Kenny Omega)でした。

そしてご承知の通り、マス棚橋(マスター棚橋、大山倍達棚橋)が、39分14秒で、ケニーオメガを下し、新IWGP王者に輝きました。

(以下、画像出典はNJPWです。)


・オメガの入場。


またやってるよ・・・。

とにかく試合見ましょう。

AllEliteWrestlingやら、WWEからの引き抜きで、渦中のケニーオメガですが、とにかく、試合を見なければ始まりません。

というわけで、ケニーオメガの入場です。

また謎のハイテンションコスチュームで登場です。

負けると分かっているのに(失礼)、異様な気迫でした。

ああ、やっぱり移籍を心に決めているのかなあ・・・と思われずにはいられない入場でした。

オメガは気迫が凄かった。

悪いけど、旅立ちを決めた男のオーラ。


・やっぱりケニーかな・・・。


ケニーがかけられているから

面白いと思う。

AJの時も、

そんな風に見ていたんですが・・・。

試合は、マス棚橋色のものでした。

ただ、やっぱりそれに適応させて来るケニーオメガが、すばらしい・・・と感じてしまうんですよね。

間もなく、ケニーの役目はウィルオスプレイ(Will Ospreay)に引き継がれるのだと思います。

なので、新たにウィルオスプレイ追加しようと思っています。

オメガはもう、ビッグになり過ぎたよ。


・後半、徐々にオメガ色に・・・?


ドラゴンスープレックス!!

・・・どうして、自分は、マス棚橋の試合、好きじゃないのかなあ・・・と思いながら見ていました。

今度、評判である去年(2018年)のG1Climax決勝のコータン(飯伏って言え)戦、見てみたいと思います。

これでまだ駄目なら、本当にマス棚橋が自分の趣味に合わないんだと思います。

で、試合ですが、最後、トップロープから、ケニーオメガがドラゴンスープレックスを決めます(上掲画像)。

で、Vトリガー!Vトリガー!!Vトリガー!!!

ええぞ!

オメガやったれ!!!


・逆転負け!(オメガが)


ヤングバックスが、

AEWで待ってるぜ!!

最後は、オメガが怒涛の攻めをしたのですけれども、片翼の天使を、マス棚橋がヒザでカウンターして、スリングブレード!!

そして”お茶の間の皆さん、お待てせしました”的な、ハイフライフローからのフォール!!(上掲画像)

というわけで、元鞘にIWGPが納まった・・・な結末でした・・・。


・イデオロギー闘争だったけど。


最後に、これ出すなよ。

というわけで、イデオロギー闘争だった、本試合。

元鞘の、保守派の、ストロングスタイル・・・といった結末でした。

確かに、オメガのスタイルが既に新日本に合わなくなって来ているのは、バレット倶楽部の暴走辺りから明白だったんです(分岐点がStrong Style Evolvedだと言われている。この記事も参照)。

けれども、合わないままでもトップに居てほしかった、というのが個人的な希望でした。

次のリマッチが、オメガのサヨナラ試合になるような気がしています。

サヨナラして、どこ行くの?

AllEliteWrestlingにまだ重役ポストあるのか?

あれば、そこにオメガが入るのかな?

WWEからのオファーは、どうなっているんですかね。

AJの動きと並行して、やっぱり注目しちゃいますよね。

自分としては、これでオメガは新日本プロレスを卒業すると思います。

そしてオスプレイの時代。

ジェイホワイトも、ザックセイバーJr.もいるし、これでオメガは卒業だろうなあ・・・。

生煮えで、AEWと新日本の提携でオメガ残留・・・というのもあるのでしょうけれども、オメガが日本のレスラーでなくなるのは避けられないでしょう。

なんか下げた話題でスミマセン。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m