Survivor Seriesその③:試合になったのか?(ブライアンvs.レスナー)

(出典:WWE)

こんにちは、ヤマガタです。現地時間(2018年)11月18日、WWEのPPV大会、サバイバーシリーズ(Survivor Series)がカリフォルニア州ロサンゼルスのステイプルズセンターというキャパ15,000人強のところで開催されました。観客動員数はWrestlingInc.によると16,320人だったみたいです。

(以下、画像出典はWWEです。)


・ダニエルブライアンはヒールターン過渡期の試合だった。


YESチャントをやりかけて止める。

今回のSurvivorSeriesは地味ですが結構、ストーリーライン的に重要だったんではないか、というのが私の考えです。

そのひとつが、AJの長期政権から突然ベルトを奪ったダニエルブライアン。

既にFallOuT(副産物=つづき)である11月20日のSmackdownではヒール宣言したみたいですけれども、SurvivorSeriesの時点では、いまだ謎に包まれていました。

そこにレスナーが絡みます。

微妙なアングルですが、どんな感じだったのか、見てみましょう。


・試合になったのか?


逃げまくるブライアン。

試合ですが、悪い予感が当たり、試合になってませんでした。

昔(何年前でしたっけ?)ダニエルブライアンは、WWE王座をコソ泥するというヒールキャラを演じていたのですが、そのギミックが復活した・・・そんな印象を持ちました。

早速、試合開始早々、逃げまくるブライアン(上掲画像)。

ロンダラウジーとアレクサブリスがやる試合みたいのをイメージしてもらえば結構でしょう。


・試合にはならなかった。


ブライアンのローブローに

股間をおさえるレスナー。

ほんと、レスナー芸達者なんだわ。

試合は、みなさん、予想通りです。

逃げ回るブライアンが、やがてレスナーにつかまってスープレックスシティ。

しかしF5をレスナーが、レフェリーに向けて誤爆。

無法地帯になった瞬間、ブライアンがキンテキ蹴り(上掲画像)。

しかしそのチャンスも続かず、最後はレスナーが股間の痛みをこらえてF5→フォールで勝利。

・・・まあ、レスナーがカネのために付き合ってやった、っていう感じの試合でした。

う~ん、こんなんだったらダニエルブライアン、ヒールターンしない方がいいと思うけどなあ。

どうなることやら。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m