WK13レビュー5:石井智宏vs.ザックセイバーJr.

(「技名長いので後述」
出典:NJPW)

こんばんは、ヤマガタです。

2019年1月4日、新日本プロレス年間最大興行レッスルキングダム13(Wrestle Kingdom 13)が文京区にある東京ドームで開催されました。

観客動員数が注目されたのですけれども、38,162人と伸びなやみました(去年は43,000人)。←これ、チケット購入者で、去年(2018年1月4日34,995人)よりもよかったみたいですね(WrestlingObserverによる)。

(以下、画像出典はNJPWです。)


・ザックセイバーJr.と言えば・・・。


TAKAと言ったら、

おれにはTAKAみちのく

とんねるず世代ではない。

不倫騒動もあったが、

そもそもレスラーに

倫理観を求めるのは、

猪木議員から、

無理なことは

百も承知。

いや、でもそれ言ったら、

モリッシーの事件

どうにもならないじゃん。

ザックセイバーJr.(Zack Sabre Jr.)ですが、プロレスコミュニティーにボコボコにされていたことで有名です。

しかし今年後半から盛り返してきており(内藤戦頃から)現在、Cagematchでは8.68にまで得点を上げて来ています(クリック先で得点変わっているかも知れません。刻一刻と変化するので)。


・石井智宏よく試合枠もらえたな。


RPW=Revolution Pro Wrestling、
ブリティッシュ・ヘビー級王者

ザックも持っていた。

石井智宏(Tomohiro Ishii)も、よく試合枠もらえましたね。

やっぱり試合内容が評価されているんでしょうね。

見る前は乗り気でないんですけど、見ると面白い・・・そんな選手です。

いまもそんな気分満載です。


・市民権を得て来た?


確かに、

こういう試合が挟まれても

いいかな、

と思うようになって来た。

試合ですが、石井智宏がサブミッションで痛めつけられる姿が、なんとなくコミカルで、独特の雰囲気が醸し出されていました。

たぶん、石井もオイシイと思ってやっているのではないでしょうか。

内藤哲也のダメージ表現がどことなくあしたのジョーだとすると(←私が勝手に思っているだけなんですけど)、石井智宏の場合、ヤクザの組長が意外に弱かった、みたいなコミカル感があります。

だから、この人(石井智宏)、人気あるんでしょうね。

Cagematchは・・・?

うえ!?

9.43!!

すんげー評価高い。

あ~、でも、外人が日本人に求める要素、もってるわ、石井さん。


・負けた(石井智宏が)。


Hurrah! バンザイ!

Another Year, 新年だ!

Surely This One Will Be Better Than the Last;

これ前よりヨクね?

The Inexorable March of Progress

もう誰にも止められない。

Will Lead Us All to Happiness

みんなオレたちハッピー。

最後は、Hurrah! Another Year, Surely This One Will Be Better Than the Last; The Inexorable March of Progress Will Lead Us All to Happiness(変形グラウンド卍固め:バトルニュースさんによる)で、ザックセイバーJr.が新ブリティッシュヘビー王者に。

まあ、よい試合でした。

最近の2人の活躍も見れてハッピー、ハッピー。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m