ゴールデン★ラヴァーズ再結成と見せかけてコーディーのショーだったりする。

(出典:ROH)

こんばんは、ヤマガタです。(2018年)2月13日に後楽園ホールで、ROHと新日本プロレスの合同興行HonorRisingが行われました。2月13日は「遂に、飯伏幸太選手とケニーオメガ選手のゴールデン★ラヴァーズ(以下★略)が再結成される!」という話題で持ち切りでした。

私、このゴールデンラヴァーズ再結成の話、ホモっぽくて嫌だなあ・・・と食わず嫌いだったんですけど、ひと目見て、ファンに成りました。

というか、あれですよね、今が旬のマグロとブリを合わせ丼にしたような(もういいよ)

(以下、画像出典はROHです。)


・ようするにアイドルです。


ようするにアイドルです。

ゴールデンラヴァーズの試合っぷりは、NJPWワールドなどに加入して見ていただいた方が良いかも知れません。素晴らしいです。飯伏選手とオメガ選手の化学反応が凄すぎて、一部のプ女子が大暴走しそうな気配でした(歓声じゃなくて悲鳴が聞こえた)。

もう日本のプロレスのレベルが高くなりすぎて付いていけない・・・。北村克哉の黒光りがすごすぎる。

ようするにアイドルです。

オメガって、飯伏選手に話すとき丁寧語なんですね。


・試合のみどころ。


試合はゴールデンラヴァーズ側が負けた。

試合自体は、6人(シックスメン)タッグマッチでした。

コーディー&ハングマンペイジ&マーティースカル

vs.

飯伏幸太&ケニーオメガ&チェイスオーエンズ

この布陣見て、プロレスよく見るひとなら「オーエンズがフォールされて負けるな・・・」と予想するでしょうが、その通りでした(上掲画像)。

ただ、そのオチはどうでもよくて、素晴らしい試合でした。

6人タッグマッチって、私、ドラゴンゲートに面白さを教えてもらうまで興味なかったんですよ。

今回の6人タッグマッチは、そのドラゴンゲート並みのハイクオリティーで、とても面白かったです。

プロレスの醍醐味ですよね、大人数でも面白いのって。お祭り気分がたまらない。

ちなみに、このメンツから読み取れる「みどころ」は、以下のとおりです。

みどころ1:実は日本人は、飯伏選手だけ。

みどころ2:オーエンズ選手が、ゴールデンラーヴァーズ目当ての観客から見ると明らかに邪魔なのだが、試合のオチ(やられ役)として上手く機能。

みどころ3:バレット倶楽部を追い出されたオメガ選手と、コーディ選手の因縁!

みどころ4:元WWEの香りがほどよく抜け、安っぽさの出て来たコーディ選手がナイス。


・〆はまさかのコーディのマイク!


雰囲気のうさんくささも、

ジェリコに似て来たぞ!

試合は、ハングマンペイジが取ったんですけど、なぜかコーディ選手がマイクで〆ました。

解説者「ペイジが、フォール取ったんだろ?」

解説者「なんで彼(コーディ)が、マイクしてんだ?」

コーディ「ROHのHonorRisingに、よ・う・こ・そ!」

コーディ「オレがROHの顔だ!」

コーディ「ゴールデンラヴァーズ、ゴールデンラヴァーズ言っているけど、今日の結果を見ろ!」

コーディ「飯伏なんてのは、オメガのラット(ネズミ)だ!」

解説者「ひどい・・・。」

コーディ「ジ・エリートのこともあるが、バレット倶楽部は絶好調(fine)だ!」

コーディ「そしてバレット倶楽部は、おれのものだ!!」

会場放送「これで本日の公演はおしまいでっす。みなさま、お気をつけてお帰りくださいませ・・・」


・バックステージ。


なに撮ってんだ!

というわけで、コーディ選手のショーと化して来ました。

そんな、バックステージです。

ハングマンペイジ「なんでおれのオイシイところ取るんだよ!」

コーディ「悪い悪い、オイシイところ取っちゃったよ・・・」

コーディ「(カメラに向かって)おい、ミーティング中だ、撮るんじゃねえよ!」

コーディ「ペイジがこの試合取ったんだ!」

コーディ「だから彼にインタビューだ!!分かったか!!!」

ペイジ「・・・・(何も言わずにコーディを不満そうな顔で睨みつけた後、立ち去る)」

う~~~~ん、いいじゃないですか、コーディ選手。

スターダストやってたころからファンだったんですが(↓)。

なんでもやる。

(出典:WWE)

・・・・・

こんな感じで、今回はここまでです。

それでは。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m