ミノタブ概観⑧:どの銘柄がいい?その3。

こんばんは、バールドです。

以前書かせて頂いたミノキシジルタブレットの記事を拡張した連載をさせてもらっています。

ひととおり銘柄を紹介させて頂いたので、結局どの銘柄がよいのか、ランキング形式で発表させて頂いています。

前回

1位:ウゲイン

2位:ノキシジルボトル

3位:ノキシジルシート

4位:Lloyd社製ボトル

5位:サンファーマ社製ボトル

をご紹介させて頂きました。

方針は以下の通りです。

① 買い方はまとめ買いをした一番安い買い方で決める。

② 10mg換算で値段を比較する。

→ 2.5mgだったら4粒で1粒分。

→ 5mgだったら2粒で1粒分。

③ 外用薬のように色々な成分はないので、内容については無視。

④ 生産国も無視。

以上が方針になります。

今回は、最後6位です。


6位:ロニタブ、237.6円。


ロニタブ5mg(ミノキシジル錠)

最下位6位になってしまったのは、ロニタブです。

ベストケンコーさんで、1箱10錠が10箱まとめ買い11,880円ですが・・・(上掲画像)

5mgまでしかないので、10mg換算にするには(上記ルール②を見てください)、÷2をしなければなりません。

なので、100錠(10錠×10箱)÷2=50錠を、11,880円で手に入れることになります。

結果、11,880円÷50錠=237.6円となってしまうわけです。

これは・・・高い!!

もしかしたら外用薬より高いのでは?


・総括。


以上でランキング発表を終わります。

率直に結論を述べますと、次の通りです。

① オオサカ堂さんかアイドラッグストアさんに愛着があるかたは、第2位のノキシジルボトルを。

② 特にお店を決めていない方はベストケンコーさんでウゲインを。

これですっきりまとめられました。

本連載で私が思ったのは、この記事書いた当時より、ベストケンコーさん、はるかに奥深い(よい意味で)ということです。

機会があったら、もっとベストケンコーさんの商品、紹介させて頂きたいと思います。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m