カールアンダーソン&ルークギャローズ(2020/1/13 Dynamite)

(「すごく強そう」
出典:AEW)

こんばんは、ヤマガタです。

最初は新鮮だったのですが完全に飽きられ始めている、ケニーオメガ&ImpactWrestlingの協業・・・。

ケニーオメガがImpactWrestlingに出演する

ケニーオメガがグッドブラザーズに再合流

やはりオメガではだめなのか

AEWとImpactWrestlingは気にせず続けています。

(以下、画像出典はAEWです。)


・ヤングバックスを裏切る


もともとヤングバックスとタッグを組む予定だった。

今回、もともとの試合は次のとおりでした。

ケニーオメガ&ヤングバックス

vs.

Varsity Blondes (Griff Garrison & Brian Pillman Jr.) & Danny Limelight

・・・この対戦相手のインディー感がすごいんですけど・・・

・・・私はジュラシックエクスプレスだとおもって、ずっと見てました。

とにかく、試合直前になって、突然ヤングバックスが、グッドブラザーズ(カールアンダーソン&ルークギャローズ)に交代させられます。

アングルとしては、ドンキャリスが勝手にやった、みたいな感じです。

これについてオメガとヤングバックスのTheEliteの仲が悪くなった・・・とか、そういうところまでは見れませんでした。

試合は、まあ当然、オメガ組が勝ちました。


・モクスリーも出て来た


もう、なんか必死やな。
レスラーじゃなくて、
AEWとTNTが。

試合後、ジョンモクスリーも出て来て、AEW王座戦敗北のうっぷんを晴らしに来ます。

番組の最後に、スティングも出ました。

PACも・・・

ミロも・・・

みんなみ~んな、出ました・・・。

・・・なんかね・・・ここまでやられると・・逆に冷める。

お笑い番組みたいな感じで、ギュウギュウ詰めな感じです。

ショーとしての完成度を、もうすこしAEWは考えるべきだとおもう。

どんどんImpact化が止まらない感じです。

まず女子部門清算したほうがいいんじゃないかな。

よくわからんが。

とりあえず、先週ダメだった視聴者数、今回はどうなるか、注目しましょう。

・・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m