ミノキシジル使用について滔々とかたる①

こんばんは、バールドです。

本サイトを訪問してくださっているかたには、AGA関係のかたが多くて・・・どうも、やはりこの路線の情報をもっと提供すべきじゃないか、という編集の方針がかたまって来ています。

本連載は、手探り状態で、AGAのおクスリの使用を考えている方に、リラックスして読んで頂けるようなものを目指したいとかんがえています。

ちなみに「滔々」は「とうとう」と読みます。


・AGA治療開始から7年。



ベストケンコー安心100%保証バナー 300-250
現在、個人輸入代行業では
ベストケンコーさんを
メインで使っています。

私自身、AGA治療を始めてから、もう7年が経とうとしています。

30代は、薄毛との闘いでした。

というか、薄毛の解決策を模索していました。

AGAにお悩みの方は皆、通過する門ではないでしょうか。

植毛も、かんがえました。

しかし、やはり費用が・・・

必死にインターネット検索を続けるなかでみつけたのが、個人輸入代行業さんでした。

利用し始めてから、もう7年・・・40代にも入りました。


・7年選手の選択。


ロニテンジェネリック(ミノキシジル)10mg

現在は、これを1日1錠。

ミノキシジルに関していえば、私が辿って来た道は・・・

ポラリス(現在はフォリックスに交代している→この記事参照)

→ ノキシジル・・・5mgを1日2回(2錠)

→ ウゲイン(上掲画像)・・・10mgを1日1錠

・・・と変遷して来ています。

ミノタブの含有量を上げたのは、単純に忙しいと1日2回を忘れるからです。

仕事があるなら、朝と晩ですよね(仕事先には持って行けない)。

朝、飲んだかどうか忘れるんですよね。

あと晩、寝る前にミノタブって何かイヤじゃないですか。

そういうわけで、朝1錠10mgが実践的だという結論になりました。


・なにが起こった?


さて、7年間、AGA治療をおクスリだけで続けてきた結果はというと・・・

重要なのは、次の点です。

7年経っても、まだ発毛は続いている!!

そしてさらに言ってしまえば・・・

死ぬまで発毛はつづく!!

・・・ということです。

回復具合は、初期の生えた!!という衝撃はなくなりましたが、

ほんと、よくやるな・・・

・・・という感じで埋まって来ています。

以上のことから言えるのは、ミノキシジルなどAGAの薬物治療をおかんがえのひとは、以下のことを肝に銘じていただきたい、ということです。

① 治療期間を定めない。

② 早めにスタートを切る(そして死ぬまで)。

なので、先延ばしにして、2年で結果を出す、などと考えているのは机上の空論です。

すぐに始めて、ずっと続ける・・・これが、AGA治療の極意だとおもいます。

・・・・・

こんな感じで、本連載では、AGA治療に興味を持っている方、すでに実践している方が、気晴らしにお読みいただけるものにしたいとおもっています。

コラム的なものだとお受け取りください。

それでは。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m