AEWの最近(2021/5/5 Blood and Guts)

(「マイケル中澤についてはWikipedia参照」
出典:AEW)

こんばんは、ヤマガタです。

Wednesday Night Warsは、2021年4月7日が最終日だと記憶されることになりました。

参考:Wikipedia(英語)

印象ですが・・・

① AEWの圧勝

② NXTは、65万人~80万人の視聴者数。

③ AEWは、70万人~85万人の視聴者数。

という感じですね。

現在、メディアの興味は、NXTからの妨害から解放されたAEWが、どこまでWWEのロースター番組SmackDownやRAWに近づけるか(200万人ほど)、というところに向かっています。

そのハードルが、AEWは100万人台(視聴者)を維持できるか?というところにあるのですが・・・

今回、TV特番だったBlood and Gutsでは、見事、100万人台にのったようです。

いまのところ・・・

AEW 80万人~100万人

NXT   70万人~85万人

・・・で推移する、と予想しています。


・インディーの晴れ舞台


・・・ただ、やっぱりAEW、私の目には面白くない、って映りますね。

現在トップはオメガなのですが(トップ画像)、ImpactWrestlingとの協業も、なんかよそよそしく・・・

明確なアングルが築けないまま、ダラダラやっている気がします。

ここら辺はジェリコの方がうまくやっている、って感じです。

あと、WWEのお下がりばっかりの外人部隊みたいなショーなんですよ・・・

それ以外は、やっぱりインディー感がすごい。

AEWはダービーアレンをスターにしたいみたいですけど、あれ、レスラーじゃないからね。曲芸師みたいな感じ(もとスケートボーダー)。


・やっぱりジョンモクスリー


なぜいま、永田裕志?
っていう、
そのズレもたまらん。

唯一、みていて面白いのはジョンモクスリーだけです。

すでにAEWで、新日本のUS王座をかけて、ジョンモクスリーが試合をすることが決まっています。

参考:YUJI NAGATA TO CHALLENGE FOR MOXLEY’S IWGP US TITLE ON AEW DYNAMITE

(2021年)5月12日みたいですね↑

こうやって新しい価値観きずけるひとが、やっぱりいいです。

オメガも、やっていることはおなじといえばおなじなんですが・・・なんか、ちがう。

とくに日本のかたがたは、おなじように感じているとおもいます。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m