SmackDownのトップブランド化が鮮明に。

(「ここから話はじめます」
出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。

上掲画像あたりから、つまり2019年10月4日からスタートしたSmackDownのFOX移動。

みている雰囲気では、もう完全にRAWから覇気がなくなって、SmackDown中心になっているのですが・・・

・・・ようやく、今回データとしてまとめることができました。

姉妹記事として、この記事や、WednesdaysNightWarsもご参照ください。


・RAW


21万人ってところかなあ・・・。
(出典:WrestlingInc.)

データとして一番はっきり出しているのがWrestlingInc.ですね。

この話はWrestlingObserverでもしょちゅう出て来ますけれども、記事が下手です。

さて、RAWですが、SmackDownのFOX移動前は、あきらかにWWEの看板番組でした。

歴史的にも、これが先行番組で、ここからSmackDownが派生した経緯があります。

しかしこの看板番組、ことあるごとに沈みゆく太陽みたいに叩かれてきたのも確かです。

まず、長い(3時間)。

8時開始で11時終り・・・ってプロ野球より、よっぽどタチ悪いです。

それでも大体(低く見積もって)21万人くらいの視聴者は獲得して来ました。


・SmackDown


23万人かな。
以前は20万人くらい?
(出典:WrestlingInc.)

RAWと抜きつ抜かれつのデッドヒートで、基本負けていたのがSmackDownです。

しかし(2019年)10月4日のFOX放送開始以来、安定してRAWを上回る視聴者数を獲得して来ました。

大体(低く見積もって)23万人くらいの視聴者数を獲得しています。

なので、今後WWEでは、SmackDownがファースト(トップ)ブランドとして考えられる、とみて間違いないでしょう。

NXTは、WednesdaysNightWarsで触れている通り、大体80万人で規模的に3分の1になります。

なので今SmackDownに一人いるナカムラシンスケが、もっともスポットライトを浴びていると言えるでしょう。

・・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m