マクレガーが負ける(UFC 264)

このギロチンチョークで
ポリエを仕留められなかったのが
敗因だった、
という分析もできる。
(出典:UFC)

こんにちは、ヤマガタです。

マクレガー vs. ポリエ III( II はこちら) が、Tモバイルアリーナ(キャパ2万人、当然満員)で開催されました。

ライト級なんですが、現在王者はチャールズ・オリベイラ(Charles Oliveira)なんで全然タイトルマッチではありません。

でも、マクレガー戦なので、大盛り上がりでした。


・1R TKO(ポリエの勝ち)


左ストレートを出したときの、
踏ん張りの足を捻ったとき、
挫(くじ)いたように、
私には見えました。
→そのままマクレガー立ち上がれず
→ポリエのTKO勝ち決定。

試合は、1R最後に、サウスポーとのマクレガーが・・・

左ロー → 左ストレート

・・・と、するのですけれども、その直後に上掲画像のとおり倒れて、立ち上がれなくなりました。

疲労骨折・・・みたいな印象だったんですけど、とくに、大きな衝撃があった、という印象はありませんでした。

結果は、左踵(かかと)・・・とまで特定されておらず、左足骨折、としか述べられていません。

参考:CONOR MCGREGOR SUFFERS BROKEN LEG IN UFC 264 LOSS TO DUSTIN POIRIER

WrestlingObserverの解説↓

折れたのは、左足の、踵(かかと ankle)か、脛(すね shin)だろう。

ポリエによれば、ローキック(a checked kick※)が原因らしい。

もっとも、マクレガーは、それを否定しているが。

It appeared to be either McGregor’s ankle or shin that broke[,] which Poirier thought was due to a checked kick earlier in the fight. McGregor denied that and said no such thing happened.

※2021/7/11追記:MailOnlineにはマクレガーの骨折のありさまとか出ているんですけど(脛ですね・・・)、どうやら、checked kickって、ポリエが、マクレガーのローを、迎撃的に防御したことのでようですね。カーフキックは関係ないみたいです。


・グラウンドの攻防


もっとも、1Rは、トップ画像のような、金網際でのグラウンドが、ほとんどでした

これは、マクレガーがギロチンチョークから誘い込んだもので・・・

・・・そのギロチンチョークが解けた結果(解説者は、これがマクレガーにとって致命的だった、と言っている)・・・

・・・ポリエ優勢になり、マクレガーは激しいパウンドの嵐を受け、左耳は出血していたようにもみえました。

いずれにせよ、左足故障がなくても、ポリエ勝ったように見えます。

・・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m