レッスルマニア1日目(2021/4/10 WrestleMania 37)

(「雷雨通過で開始が遅れた」
出典:WWE)

こんにちは、ヤマガタです。

去年は、ものすごく屋内でひっそりとおこなわれたレッスルマニア。

WWEとしては、ひさびさの観客動員興行なので、気合い入りまくっていたのですが・・・開催地タンパに雷雨が襲来して開始時間が遅れました。

参考:START OF WWE WRESTLEMANIA 37 DELAYED DUE TO WEATHER ISSUES

雰囲気としては、SuperShowDownとか、GreatestRoyalRumbleにかなり似ている”なんか暗い”興行でした。

観客動員数は、25,675人だったみたいです。

参考:Cagematch


・どんなレッスルマニアだった?


ほとんどみんな了解していた
ベッキーリンチの
サプライズリターンはなかった。

最近、AEWのサプライズ病がひどいじゃないですか・・・

放送局のTNTも嫌がり始めたらしいです・・・

参考:DAILY UPDATE: WWE NETWORK, CHRISTIAN CAGE, BLOODSPORT

なので、今回のレッスルマニアは、その逆張りだったといえます。

おお!ジョンシナのサプライズリターンだ!

おお!ロックの登場だ!

おお!ベッキーリンチの帰還だ!

・・・みたいなことは一切ありませんでした。

サプライズ要素は、みんな最初に詰めたっぽいですね(1試合目が異様に遅かった)。

で、1日目は、ビアンカベレアのプッシュに収束させていった感じです。

私、ノーマークだったんですけど、これはWWEがかなり重要と考えるアングルだったみたいです。

ちなみに、ビアンカベレアは、ロイヤルランブル優勝者です。

メインイベント・・・サシャバンクス vs. ビアンカベレア、これ、みんなベッキーリンチのサプライズリターンの場だと理解していたんですけどね。

参考:Becky Lynch hints at WWE return on night one of WrestleMania 37


・セザーロはひとりで


晴れ舞台だった。

そういうわけで、セザーロ vs. セスロリンズも、純粋に一対一でした。

セザーロの晴れ舞台的意味合いが強く、ナカムラシンスケの介入などはありませんでした。

とりあえず、1日目はこんな感じでしたね。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m