ケニーオメガがグッドブラザーズに再合流(2020/12/12 Final Resolution)

(「こんな感じ」
出典:ImpactWresling)

こんばんは、ヤマガタです。

急にプロレスの世界が動き始めて、追うのに四苦八苦です。

(以下、画像出典はImpactWrestlingです。)


・マシンガン


トップ画像のとおり、先週のリムジンバスの続きで、オメガとドンキャリスのところに、カールアンダーソンが現れます。

とくに、先週からの続き、という説明はありませんでした。

カールアンダーソンは、ドック(ルーク)ギャローズと、グッドブラザーズというタッグで、ImpactWrestlingのタッグチャンピオンなんですが・・・

・・・現在、相方のドック(ルーク)ギャローズが怪我で数週間離脱。

そのあいだに元タッグチャンピオンの、Ethan Pageほかひとりと、抗争をしなければならない状況にあります(カールアンダーソンが)。

それについてのトークです。

オメガ「やあ、カールアンダーソン、ひさしぶり。」

カールアンダーソン「やあ。ひさしぶり。」

ドンキャリス(うれしそう)

カールアンダーソン「たっぷり話したいけど、ちょっとEthan Pageと試合があってね。すぐ席を外さなきゃ。」

ドンキャリス「すぐ戻って来れるでしょ。Ethan Pageだし。」

オメガ「そうだね。あのG1クライマックスで、オカダカズチカと決勝を戦った、マシンガン:カールアンダーソンならね。」

カールアンダーソン「なんだ?いまのオレじゃダメだってか?」

カールアンダーソン「バカにしてんのか?」

オメガ「いや、そんなことないよ。」

ドンキャリス「そうさ。もう一度、キミ達チームになったらどうか、って話なんだ。」

・・・けっこう、話ひんまげましたが、こんな↑話なのは、たしかです。

何が言いたいかというと、AJスタイルズ&フィンバラーに先にやられる前に・・・

バレット倶楽部のアングルを、オメガ&アンダーソンでやっちまおうぜ、って考えが公(おおやけ)にされた、ってことです。

参考:KENNY OMEGA-KARL ANDERSON HAVE REUNION AT IMPACT FINAL RESOLUTION

ちなみに、このセグメントが放送されたImpactWrestlingのFinal Resolutionってのは、インターネット番組です。

参考:Impact+Plus(インパクト プラス)


・バレット倶楽部アングル


AJスタイルズ役の
ホーンズワグル(Hornswoggle)。

ImpactWrestlingは、AJスタイルズ、カールアンダーソン、ドック(ルーク)ギャローズのバレット倶楽部アングルに乗り気なようです(上掲画像)。

いずれにせよ、ケニーオメガ効果の出演で、ImpactWrestlingは、221,000人の視聴者を獲得したそうです。

参考:KENNY OMEGA APPEARANCE BOOSTS IMPACT WRESTLING RATINGS

70万人台のWednesdaysNightWars・・・

200万人台のRAWとSmackDown・・・

これらには遠く及びませんが、ImpactWrestlingは、なにか突破口をみつけたようですね。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m