ハビブ vs. マクレガーその後(UFC 236)

(「暫定ライト級王座決定戦」出典:UFC)

こんばんは、ヤマガタです。

去年(2018年)記憶に残った総合格闘技の試合にマクレガーvs.ハビブがあります。

ハビブが勝ち、間接的にでしょうが、マクレガー引退のきっかけを作りました。

一方のハビブは、激しい試合の終ったその足でマクレガー陣営に飛び込んでいって乱闘騒ぎを起こしたのでした。

どんだけオマエ体力あるんだ、っていう・・・。

(以下、画像出典はUFCです。)


・暫定ライト級王者決定戦。


向かって左が
マックスホロウェイ。

結局、ハビブは乱闘騒ぎの責任を取らされて出場停止9ヶ月をくらいました。

今回、記事化するのはその後のライト級の話です。

無尽蔵男ハビブが出場停止をくらっている間、暫定のライト級王者を決めようとして行われたのが、今回上掲画像のダスティンポリエ(Dustin Poirier)vs.マックスホロウェイ(Max Holloway)です。

私知らないのですけれども、マックホロウェイは相当人気があるみたいですね。

会場(ジョージア州アトランタのステート・ファーム・アリーナ=キャパ16,000人満員)は、完全にホロウェイを応援していました。

ホロウェイはハワイの旗もってましたね。

ハワイ出身で、別にジョージアがホームというわけでもないです。


・そろそろこの人おさえておく。


ダナホワイトと同じくらい
UFCの顔。

UFCについて書く機会ないので、ここで、UFCにいつも出てくる、このうさんくさいリングアナおさえておきたいと思います。

ブルース・バッファー(Bruce Buffer)さん、61歳。

まじか?

ずーっとリングアナひとすじのようですね。

こういう人、ひとりいると興行って楽ですよね。

ちなみに新日本プロレスだと、レフェリー海野(うんの)がレッシュー!!(パパパン!)って言われて人気あります。

Cagematchでも評価高いんですよ(今”レスラーで”ランキング14位)。


・ダスティンポリエが勝った。


このヒザでホロウェイが
鼻の頭あたりを切り、
出血が止まらなくなった。

試合は、サウスポーのポリエが、老獪なホロウェイに対して攻めあぐねている・・・という印象でした。

ただ、あれだけパンチ出して、テイクダウンをガードされても、ポリエの体力が尽きないのが信じられない感じもしました。

試合は、そんな無尽蔵の体力をもつポリエが、無尽蔵にホロウェイを攻めて、若さ爆発!!って感じでしたね。

グラウンドは、ポリエが狙ったけれども、ホロウェイが許さず。

ほぼボクシングの試合となりました。

結果は、ユナニマスデシジョン(満場一致)でポリエが判定勝ちしています。

これは試合直後ホロウェイも認めたような素振りみせたので、納得なんでしょう。

地味だけど凄まじい試合でした。

ダスティンポリエとハビブヌルマゴメドフ(Khabib Nurmagomedov)、タイプ似ているので、試合したら、すんごいことになりそうですね。

しっかし、よく動くよな~~~~。

素人がやったら、ボクシングのガードだけでも5分で体ガタガタになりますよ。

ぜひ歌舞伎町とかで試してください(もういないか。昔そういう商売しているひといたんですけれども)。

・・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m