ロマンレインズを中心に(2020/12/20 TLC)

(「あいかわらずブーイングは
すごいのだが」
出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。

(2020年)12月20日サンダードームで、TablesLaddersChairsが開催されたました。

・・・やっぱりサンダードームすごいなって感じでした。

これはコロナ禍でWWEがやけくそで発明した最高傑作のような気がします。

やっぱり、盛り上がらない試合でも、勝手に盛り上げられる、ってのがサンダードームのすごさですね。

(以下、画像出典はWWEです。)


1.ASUKA2冠


シャーロット復活
+ASUKA二冠

今回のTLCは、それぞれの試合に、しっかり意味づけがされていて、ショーとしての完成度も高かったと思います。

アンチWWEが基本のCagematchでも現在(2020/12/22=日本時間)8.49と評価は非常に高いです。

ASUKAのミステリアスパートナーは、予想通りのシャーロットでした。

これは特に何もハイプ(宣伝)されなかったですね。

メディア間でも、もうバレバレ・・・みたいな雰囲気でした。

で、シャーロットが、NaturalSelection(でんぐり返しで相手の頭打ち付けるヤツ)で、ASUKAにタッグ王座をもたらしています。

これでASUKAは二冠の快挙・・・と言いたいところですが、ベイリーがやっていたので・・・

・・・ありがたみ半減です。


2.ミズキャッシュイン失敗


AJスタイルズの用心棒
Omosに邪魔される。

AJスタイルズ vs. ドリューマッキンタイアの試合も、評価が高かったです。

TLCマッチなので、つるされたベルト取れば勝ち、という試合形式だったのですが・・・

ミズがキャッシュインします(HellInACellでオーティスから取った)。

でも失敗しました(上掲画像)。

ミズはね~・・・ミズ&ミセスの視聴率が好調だから、WWEも絡めたいキャラなんですよね。

で、試合は、ドリューマッキンタイアが防衛しました。


3.ロマンレインズ


ヒール転向後
フィニッシャーとして多用するようになった
フロントチョーク=ギロチンチョーク。
”ギャッション”チョークって聞える。

・・・で、肝心のロマンレインズです。

ヒールなってから、いいですね~・・・。

このひと(ロマンレインズ)は、本当、プロレス向きのひとなので(空き時間も表情とかで魅せる)・・・

キャラがヒールとしてハマったので、いまは言うことなし、です。

相手は、ビンスマクマホンの”オマエやせろ”リストNo.1の誉れ高いケビンオーエンズだったのですが・・・

・・・まあ、TLCマッチみたいのやらせたら十八番っぽいのがケビンオーエンズだとおもうので・・・

・・・全体的に完成度の高い試合でした。

試合は、ロマンレインズが、ローブロー→ギロチンチョークで、ベルトを取り、勝利しています(上掲画像)。

それでは、すぐRAWですが、ASUKAの動きなど注目しましょう。

シャーロットとのタッグは、長く続かないでしょうね。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m