ジェイホワイト vs. 飯伏幸太(2020/9/23 G1 climax)

(「寝っ転がったままマイクする
ジェイホワイト」
画像出典:NJPW)

こんばんは、ヤマガタです。

G1クライマックス三日目です。

北海道立総合体育センター(キャパ8,000人)に会場を移しています。

入りは1,961人と、かなり少なめでした。

北海道は、やっぱり外出自粛なのでしょう。

(以下、画像出典はNJPWです。)


・どんな試合だった?


レッグロックスープレックス!!

飯伏幸太は初戦で、オカダカズチカを撃破(この記事)。

ジェイホワイトは初戦で、鷹木信悟を撃破(記事化していません)。

ともにAブロック優勝候補の対戦でした。

試合は、相変わらずキレキレの飯伏に、のらりくらりとジェイホワイトが調子を狂わしながら・・・

キメるところはキメる(上掲画像)・・・ような展開でした。


・ブレードランナーで勝利


ブレードランナー
→フォール。

最後は、結構複雑な終わり方でした。

まずセコンドの外道が、飯伏幸太の注意を引きつけます。

気をとられた飯伏幸太に、ジェイホワイトが、金的。

でも、その窮地は、飯伏脱出。

ふたたび外道が、飯伏幸太の注意を引きつけます。

飯伏幸太が外道を蹴散らした瞬間、ジェイホワイトが串刺し式ブレードランナーで、勝利(上掲画像)。

・・・なんか、ジェイホワイトは、またよくなってきたかな?

機会があったら、しっかり彼の試合、みてみたいとおもいます。

というわけで、Aブロック首位はジェイホワイトになりました。

同首位は・・・タイチ(まじか・・・)とウィルオスプレイ(これは支持)です。勝ち点ともに4。

ただG1って、スロースターターが勝つから、いま勝っているひとって、あんまり当てにならなかったりするんですよね。

まあ、見守りましょう。

・・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m