ケニーオメガがAAAのトップに(2019/10/18 Héroes Inmortales)

(「こういうところのカメラワークは
やはり日米の方が上」
出典:AAA)

こんばんは、ヤマガタです。

トリプレアは年5回大興行をするみたいなんですが、現地時間(2019年)10月18日、Héroes Inmortalesという興行が行われたみたいです。

会場はColiseo La Concordiaというところで、目視で10,000人くらい・・・といった印象です。

もうすこし小規模かも知れません。

(以下、画像出典はAAAです。)


・AAA Mega Championship


ベルトをとって勝ち誇るオメガ。
フェニックスが握手を求めるのと、
かなりズレあり。

トリプレアのベルトの最高峰は、あんまりピンと来ない名前ですけれども、メガチャンピオンシップ(AAA Mega Championship)といいます。

今回Héroes Inmortalesのセミファイナル(ありがちな”co-main event”という呼び方がされていたが)として、フェニックスの所持するそのメガチャンピオンシップに、ケニーオメガが挑みました。

結果は上掲画像のとおり、オメガの勝利。

これはAEWと、AAAとの提携関係の表明といえるでしょう。


・どんな試合だった?


フェニックスが、
かなりしんどそうだった。

で、肝心の試合ですが・・・

終盤にかけて、かなり盛り上がりました。

オメガのVトリガーから、コーナーポストへの投げつけパワーボムなどで、フェニックスが鼻血をだします(上掲画像)。

みるみる悪化する出血に呼応するかのように激しくなる攻防。

ご存知のかたなら分かるとおり、メキシコ人は結構、こういうグロい(失礼)のに耐性があります。

おもいっきり殺人現場の写真とか週刊誌に載せる国なんですよね(メキシコですよね、たしか・・・)。

そういうわけで、おいおい死者とか出すなよ・・・というくらいの激しい攻防の最後、オメガが、片翼の天使→フォールで、メガチャンピオンシップを奪取しました。

個人的には見れば見るほど、プロレスラーのきっつさがなんか分かるような気がして来たので(たぶん妄想の100倍痛いんでしょうが)、見てて辛かった、けど面白かった、という感想です。

メキシカンプロレスって、どのくらい事故起こっているんでしょうかね。

機会があったら調べてみたいとおもいます。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m