ナカムラシンスケがロマンレインズと対戦(2021/11/14 TributeToTheTroops)

ずっとこれがみたかったんだが、
マイナーなところで実現してしまった・・・。
これがテストマッチで、
どこかで「本番」につながっているのを願う。
(出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。

WWEには社会貢献的なプログラムが多々あり、その一環として、Tribute To The Troops(軍人さんアリガトウ)というショーがあります。

・・・まあ、ジョンシナが一番ベタですわな・・・これやらしたら。

ただ、今回注目すべきことに、ナカムラシンスケがついに、ロマンレインズと対戦しました。

(以下、画像出典はWWEです。)


・負けた(ナカムラシンスケが)


スピア
→スリーカウント。

試合自体は、バックステージのやりとりとかアングルとか、なんの前置きもなく始まりました・・・ガッカリ点ひとつめ。

また、エントランスシーンもありませんでした(ガッカリ点ふたつめ)。

TributeToTheTroops自体が、むしろ軍人にスポットライトを当てたもので・・・

プロレスのほうが、むしろ「(番組の合間に挟まれる)コマーシャル」みたいになります。

よって、感動的な女性軍人の話の後、「コマーシャル」みたいな感じでナカムラシンスケvs.ロマンレインズの試合がはじまりました。

アナウンサー「・・・感動的なお話でしたね!」

アナウンサー「さて!リングには、ナカムラシンスケとロマンレインズです!」

・・・みたいなノリです。

ちなみに、このアナウンサーのマイケルコールって、耳がもうヤラれて難聴だそうです。

参考:WWE’S MICHAEL COLE DEALING WITH 65 PERCENT HEARING LOSS

職業病なのか、放送中ビンスマクマホンに怒鳴られ続けて(なんだって)難聴になったのか・・・

んで、試合ですが、いつもリックブーグスの介入(ギターでロマンレインズの気を引く)もありましたが・・・

試合自体は、やはりロマンレインズ一味(ジウーソーズ&ポールヘイマン)を引きたてるセグメントでしたので・・・

最後はかっこよくロマンレインズが勝ちました(上掲画像)。

・・・まあ、ナカムラシンスケにとって、ロマンレインズとの試合が組まれた、というのは非常に光栄なことだとおもいます。

今度は、これがもっとストーリーラインに沿った重要な場面で起こってもらいたいとおもうのですが・・・

もういっそのこと、ナカムラシンスケとAJスタイルズで、キング倶楽部オブストロングバレット(←めちゃくちゃやな)とか・・・

なんでもいいからやけくそでユニット作って、最後にひと花咲かせてもらいたいもんです。

あ、フィンバラーいるじゃん。かれにも入ってもらえば?

権利上むずかしいのかなあ・・・

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m