ASUKAは新たな抗争へ(2020/8/31 RAW)

(「熟女祭り、
と書こうとしたが
地球上から抹殺されるとおもったので
やめました。」
出典:WWE)

こんにちは、ヤマガタです。

昨日のPaybackでは出場のなかったASUKAですが・・・

今回のRAWで、次のストーリーラインがあきらかにされました。

(以下、画像出典はWWEです。)


・番組の途中ですがニュースです。


マウロラナーロがWWEを辞めました。

グッとくるひとだけ、聞いてもらいたいニュースです。

一時期WWE不仲説も流れたのですが・・・

どうやら、お母さんの看病で、カナダ(ブリティッシュコロンビア州)に度々帰るなど・・・キツキツのスケジュールを、もうNXT解説者と同時にこなせなくなったのが理由のようです。

最近のNXTのラナーロの解説は、自宅録音だったみたいですね。

また、これで、この前バッドニュースバレットが戻ってきたことの説明がつきました。

参考:MAURO RANALLO AND WWE PARTING WAYS

そ~~なんですよね~~・・・

人生って、こういうところから道が開けるんですよね・・・(バッドニュースバレットのこと)。


・ASUKAに戻ります


タッグ王者になった
ナイアジャックスとシェイナバズラー(Payback
に早速ケンカを売るASUKA。

で、ASUKAの話です。

今回は試合はありませんでした。

まずは、シェイナバズラー&ナイアジャックスにケンカを売ります(上掲画像)。

しかし、抗争相手は、ここではありませんでした。


・ミッキージェームズか?


WWEでのマドンナ(歌手ね)を目指す41歳。

ASUKAの次の抗争相手は、本記事トップ画像に出揃いました。

ラナ(ルセフの奥さん), ミッキージェームズ, ナタリア

この↑三人です。

個人的には前から言わせてもらっていますが、ナタリア vs. ASUKAがベストです。

ただ、それだと熟女ぞろいなので・・・

ミッキージェームズで火に油をそそぐ・・・とみせかけ・・・

ラナ(34歳)でフォローですね。

ほらさ・・・IIconicsとかバラ売りできないから・・・

というわけで、レスリング重視でみれば、ベストな顔合わせとなりました。

シェイナバズラーは、もうすこしタッグでプロレスの動き洗練させろ、というビンスマクマホンのお達しなんでしょうね。

シャーロットは存在感ありすぎなので、しばらくお休みでしょう。

ただ、いまのところASUKAに匹敵する女子レスラーは、シャーロットとナイアジャックス以外には、いませんね・・・

ただ、それも身長差があるので、WWEもマッチングに気をつかっているとおもいます。

いずれにせよ、日本のファンは、紫雷イオとASUKAが対角線に並ぶのを待っているでしょう。

(AJスタイルズとナカムラシンスケみたいに)紫雷イオ vs ASUKAを外したら、もう、みんなでAEWのファンになるしかないですね・・・

・・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m