Stomping Groundsは失敗したか?:セスロリンズvs.バロンコービン

(出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。

なんだかんだいって楽しみな月イチイベント、WWEPPV。

今回は現地時間(2019年)6月23日、ワシントン州タコマ市にあるタコマドーム(キャパ2万くらい)で、StompingGroundsが開催されました。

今年に入ってから、レッスルマニア以後、WWEは観客動員数をめっきり公表しなくなったので、それも目視で注意してみてみましょう。

(以下、画像出典はWWEです。)


・バロンコービンがメインはるの?


バロンコービン「いいか?その通りに言え。」
アナウンサー「ご紹介します!」
RAWのジェネラルマネージャー・・・
ボクシングのゴールデングラブ受賞者・・・
USチャンピオン・・・
MoneyInTheBankウイナー・・・
カートアングルを葬り去った男・・・
タコマの人気者になる男・・・
バロンコービン!!」

どうみてもタレントに苦しんでいるWWE。

今回のStompingGrounds、メインはなんとセスロリンズvs.バロンコービンです。

バロンコービン、メインですよ!?

これミッドカードじゃねーの?

一応、流れとしてはSuperShowDownからです。


・レイシーエバンスがレフェリーだった。


あきらかに3カウント
はいるところを
”肩が痛い”といって、
カウント拒否。

そんなに注目していたわけではないんですけれども、今回のセスロリンズvs.バロンコービンは、スペシャルレフェリーが参加するという設定でした。

セスロリンズはパイプ椅子もって入って来たので、レスナーがレフェリーだと思っていたのか?

結局、スペシャルレフェリーは、レイシーエバンスでした。

レイシーエバンスってだれ?ってひとは、今年のMoneyInTheBankあたりから復習して頂けれ・・とおもいます。

位置づけ的には、本StompingGroundsで、この前の試合でベッキーリンチに挑んで負けています、レイシ―エバンス。

そしてセスロリンズの彼女がベッキーリンチというのはすでにアングル(実話だが)のなかにも組み込まれているので、レイシ―エバンスは、バロンコービンよりのヒールになります。

これ、次回のExtremeRulesで、ミックスドタッグマッチ(まだやんのか?)として、

セスロリンズ&ベッキーリンチ
vs.
バロンコービン&レイシ―エバンス

を企画していることの伏線・・・とメディアでは受けとめられています。

参考:Rumor Roundup (June 24, 2019): Extreme Rules mixed tag, WWE production change, AEW TV, more!


・ベッキーリンチが救援に!


ベッキーリンチが救援に来て、
カーブストンプ
でセスロリンズが
バロンコービンを下す。

途中、レイシ―エバンスの金的toセスロリンズなどもあったのですが、最後はベッキーリンチが救援にきてレイシ―エバンスをリングから消し去ります。

急遽レフェリーがオフィシャルなひとに代わり、セスロリンズが、トラースキック→カーブストンプ→フォール、でユニバーサル王座を防衛しました。

そしてベッキーリンチに、あんた何やってんの!?みたいな感じで喝を入れられ、セスロリンズ退場(上掲画像)。

・・・んまあ、嫌味のないカップルでいいっすね。

・・・ただ、おい・・・これだけか、WWE?という感じでした。

私は、こんなパッとしないメンツでのショーだったので、ぜったいビッグサプライズ仕込んでいるとおもったのですが、最後まで本当になにもありませんでした。

どんな集客力だったんでしょうね、今回のPPV。

それが気になります。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m