露ルーブルはどうか?【訂正アリ】

こんばんは、品川です。

いつからFXを始めるか、老若男女さまざまでしょうが・・・

いま素人としてFX始める方がいたら、アレ?これオイシイんじゃね?とおもう通貨に、ロシアルーブル(RUB/JPY)があります。


・1日スワップ15円!?


トルコの10分の1の値段で、
スワップ同じ!?
(出典:外為どっとコム)

まあトレードしなくても、スマホですぐできることなので、誰でもレートチェックはしますよね。

大体、リラ、ペソ、ランドの新興国通貨をチェックしているんですが・・・

・・・なんか気になるヤツが下にいる。

1ロット1円?

【2020/8/18訂正:10ロットでした・・・てことは、1ロット1.5円・・・そりゃ買わないわな・・・という感じです】

で、スワップ15円だと?

なんだ?

この時限爆弾みたいな通貨は・・・となるわけです。


・買ってよいのか?


ZAR/JPYとRUB/JPYは、
かなり似ている。
正確にいえば、
ランドとペソの中間みたいな動きをするのが
ルーブル。
(上掲画像は2008年=リーマンショック以降の
ZAR/JPYとRUB/JPY月足。)

ストレートに言ってしまえば、100ロットはゆきすぎでも(イヤ、アリかも知れません)・・・

いま、コロナで底値だとみて、50ロットくらいでルーブル(RUB/JPY)に入れば、1日スワップ750円です。

【2020/8/18訂正:500ロット買うことになります】

これは、かなりすごいです。

チャートをみるかぎり、ルーブルは、ランドやペソとおなじような動きをしており、リラのようなフリーフォールではない。

通過に歴史もある。

もはや、なんの歯止めもないようにおもえます。

おもえますが・・・


・だからロック(停止)がかかる。


ソ連時代は1ルーブル=230円。
ソ連崩壊後、
ロシアでは1ルーブル=1円・・・!!

・・・しかし、FXやっていればわかるとおり、なんの歯止めがない、と・・・

視界がオールクリアになったときが一番危険なのです。

ひとつ、とりあげるとすれば、上掲画像デイリーポータルZで紹介されている話なんですけれども・・・

旧ソ連時代にくらべ、現在ルーブルの価値は、100分の1どころか200分の1にまで落ちています。

やはり政情不安定。

プーチンは現在67歳。

共産圏(一応南アフリカも社会主義政権なんですが、ちょっと違う)・・・と聞くと・・・

・・・直近の香港の「米ドル/香港ドル(USD/HKD)」通貨ペア取引停止が、頭をよぎります。

ヨーロッパのひとと話すると、決まって旧ソ連出身のひと(その後独立した国家のひと)は、二度とロシア(ソ連)とかかわりたくない、とおもっているようで・・・

直近でもベラルーシ大統領選で、主婦の(←すごいですよね)チハノフスカヤ氏敗北関連で、大きな問題がありましたよね・・・

参考:ベラルーシで野党派数万人がデモ、今週もストの予想 大統領は選挙やり直しを拒否

そんなことかんがえると、長期戦になるスワップ狙いで、おそロシアに手を出すのは・・・

なにか本能的に気が引ける、というのが確かです。

これが私の結論です。

また記事をあらため、ロシアのファンダメンタルズなど、分析してゆけたら、とおもいます。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m