ASUKAとシェイナバズラーのタッグ(2020/8/17 RAW)

(「マイクにはげむアスカ師匠」
出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。

カイリ・ロスに泣き続けるASUKA・・・というアングルは、かすか~に、ベイリーたちにからかわれながら続いています。

でもカイリセインは、もう完全に消去されようとしていますね。

なにより、サマースラム(2020/8/23)です。

今回がPPV直前回、いわゆるGo-Home Showとなります。

(以下、画像出典はWWEです。)


・マイクで鉢合せ


シェイナバズラーを勧誘中の師匠。

一度、シェイナバズラーがASUKAに接近した回があったのですが(この記事)・・・

本当にふたりはタッグになりましたね。

✔ はたして、うだつのあがらないシェイナバズラーを、ASUKAとのタッグで蘇生させようとしたのが先か(それでカイリセインは追い出されたのか・・・)

✔ カイリセインがいなくなってしまったから、ひとりぼっちのASUKAにシェイナバズラーがあてがわれたのか・・・

かんぐったら、きりがありません。

いずれにせよ、今回のASUKAとシェイナバズラーがタッグを組んだ経緯は↓こんな感じでした。

① ベイリーとサシャバンクスが出てきて、もうやることねーよ(ふたりはシングル、タッグともに王者)・・・と愚痴る。

② サマースラムもASUKAうざいよね、とか言っている(ASUKAは、ベイリーとサシャバンクスの王座両方に挑戦する)。

③ そこにASUKAではなく、シェイナバズラーが出てきて、いやいや、アタシが次の王者だから、と言う。

④ つづけてASUKAが出てきて、まあ待てや。サマースラムでワタシがベルトとるから、それから挑戦しても遅くないやろ!みたいに言う。

⑤ タッグ戦決まり。

という経緯でした。


・ASUKA組が勝った。


切り札クラッチ!!

試合は、とくにASUKAとシェイナバズラーの連携みたいなものはありませんでした。

試合開始早々、ナイアジャックスが介入してきて、シェイナバズラーを連れ去ります。

なので、1対2のかたちに。

ASUKAピンチ!でもがんばる!!

絶対ピンチ・・・のところに、ようやくシェイナバズラーがリターン。

すかさずASUKAと交代し、切り札クラッチでベイリーを仕留める!!(上掲画像)

ベイリータップアウト!!!

・・・・

という顛末だったんですけれども・・・

ど~でしょ~かね~・・・・

これは、あきらかにシェイナバズラー蘇生のセグメントでした。

カメラワークも、そういう感じでした。

というわけで、今回は、ASUKAとシェイナバズラーどうのこうの、というより、シェイナバズラーが再プッシュ、という話だと私は理解しました。

みなさんはどうでしょうか?

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m