松本浩代vs.トニーストーム!(2018年MaeYoungClassic)

(「ぐぎぎぎ・・・」出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。一気にプロレス関連イベントラッシュですね。秋祭りでもあるまいし・・・。

今回は、すこし遅れてしまいましたが、(2018年)10月3日放送分のメイヤングクラシック(MaeYoungClassic)について記事を書かせて頂きたいと思います。

松本浩代(Hiroyo Matsumoto)選手の第2回戦、そして残念ながら最終戦です(第1回戦はこちら。松本選手の概略はこちら)。

(以下、画像出典はWWEです。)


・RockStarトニーストーム!!


トニーストーム。

自分でロックスター

というだけある。

スターダムのホームページをPLAYBOYにしているとウワサのトニーストーム(Toni Storm)でしたが、現在スターダムの選手紹介ページには掲載されていません。

別の意味でざんねん・・・。

契約面では、WWEのUKディヴィジョンでの契約は済んでいるとのこと・・・ですが、どうみてもカネにならないこんな契約はあてになりません。

とにかく、試合見てみましょう。


・トニーストーム・・・大きく見えるね。


まもなくアレクサブリス

の仕事がなくなる・・・

ということを確信しました。

また来訪者のかたに叱られそうですけれども、女子プロ音痴の私は、今回、初めてトニーストーム選手の試合を見ました。

あのビジュアル(すっげえ美人)で、技術力がありますので(上掲画像)、まもなくアレクサブリブリの仕事がなくなることを確信しました。

あと、ちっちゃい選手かと思いましたが、ぜんぜん松本浩代選手に見劣りしませんね。

松本浩代選手が167cm

トニーストームが164cm

里村明衣子選手が157cm

紫雷イオ選手が156cm

カイリセイン選手が155cm

ASUKA選手が160cm

・・・とこう比べるとトニーストームは、かなり大きめなんですね。

シャーロットの178cmは、やはり規格外。

とにかくWWEの女子ディビジョンのレベルが天井なしで上がっているのを、ひしひしと感じます。


・負けた(僕らのひろよが・・・)。


ブリッジで丸め込み!!

試合は全般的に松本浩代選手が押していたのですが、最後、ひろよ選手がレインメーカーみたいなラリアート3連発を繰り出そうとした、その3発目でトニーストームが奇襲の丸め込みで勝利を奪いました(上掲画像)。

トニーストーム選手は、あれだね、WWEもヨダレを流してほしい人材でしょう。

ニュージーランド出身で、例のオーストラリア市場開拓の話もあるし(SuperShow-Down)。

ただ、あれですね、トニーストーム選手、パワーファイターなんですよね。

もう少し打撃系や、ハイフライ系を習得すれば、WWE女子デイビジョンのトップ選手になれるのは間違いないでしょう。

もうこんなレベルの選手出て来たんだから、アイコニクスとか、アレクサブリブリとか、あとカメーラ(カーメラ)とかは、早めに転職かんがえたほうがいいんじゃないでしょうか。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m