マットリドルの昇格(2020/6/19)

(「今回のナカムラさんの登場シーン」
出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。

今回(2020/6/19)、SmackDownの目玉は、マットリドルの昇格でした。

ナカムラシンスケは、TheNewDayとルチャハウスパーティ(←いつのまにか昇格していた)の試合の観戦(上掲画像)など、脇役でした。

(以下、画像出典はWWEです。)


・マットリドル


NXTでは結局、
ダスティローデスタッグトーナメント優勝
だけの肩書で終った。

・・・とくにNXTで際立った活躍もしなかったんですが、マットリドル昇格ですね。

リング外でのマイクやらSNSでの話題性から、人気が評価されての昇格でしょう。

私自身はレスラーとして、あまり認めていません。

実際、出て来た時に書いた記事と、今日の試合(後述)くらべて、特別に印象が変わったわけでもありません。

直近でみたのはフィンバラーとの試合かな・・・。

そのときはフィンバラーのうまさの方が光りました。


・AJスタイルズとのノンタイトルマッチ


The Bro Derek!!
男を選ぶオンナみたいな意味のスラング)
ツームストンみたいな体勢から
スタイルズクラッシュみたいな動きをする。
総合格闘技からプロレスに移行するために、
編み出した苦肉の策(くにくのさく)みたい。

SmackDownの視聴率をあげたいWWEの思惑で、今回のマットリドルの昇格には破格の待遇がとられました。

リング上でインターコンチネンタル王座のスピーチを始めたAJスタイルズのところに、突然、乱入。

怒ったAJスタイルズが、テメーなんで裸足なんだ!と叫びながら、試合やってやるけどノンタイトルな!みたいな感じで試合開始。

試合は終始、AJスタイルズが圧倒。

でも最後、リングサイドで見守っていたインターコンチネンタル王座トーナメント敗者たち(わざわざAJのスピーチを聞きに来ていた)にはげまされ・・・

・・・それにAJも気を取られて・・・

スキをみせたところに、マットリドルのフィニッシャー(上掲画像)→フォール。

・・・という結末でした。

私はみていて、どうかな・・・という感じでした。

マットリドルの試合は、好きではないです。

WWEは、UFC路線でこの手の選手、ほしいんでしょうですけれども、プロレスファンは、AJスタイルズみたいな動き、武藤敬司みたいな動きを求めているので・・・

・・・マットリドルは、ほんと、キレがないだけ、というまどろっこしいレスラーにしかみえません。

飯伏幸太WWE来ね~かな~・・・。

唐突ですが、そうおもわずにはいられません。

あのイケメンで、あの技術だったら、絶対ブレイクするとおもうんだけどな。

マイクできなくても、イケメンだから女性ファンがサポートしてくれそうだし。

AEWとかで妥協してほしくないな~・・・

話ズレました。

・・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m