志田光がAEW女子王者に(2020/5/23 Double or Nothing)

(「美人。外人好みの日本女性。」
出典:AEW、以下同じ)

こんばんは、ヤマガタです。

記録として1試合は見ておかなきゃな・・・というわけで、Double or Nothing(2020/5/23)、志田光の試合だけ、みてみました。

相手は、リホから、王座を奪ったナイア(ニラでしたが以後変えます)ローズ(Nyla Rose)です。


・志田光といえば・・・


志田光といえば・・・まあ、あのお尻の画像ですね。

ねらってやっているんでしょうが・・・Sofmap的なフォトショットですので・・・

・・・で、ケニーオメガの元カノというウワサです。

上掲お尻の画像でも、それが話題にされています。

そういうこと、ぜんぶ、ほっといて、単純に、どんなレスラーなんかな、とおもい見てみました。

第一印象は、均整取れたプロポーションだ、ということです。

こんなこと言ったらアレなんで、アレするので止めますが、ASUKAとか紫雷イオは、小さいじゃないですか(身長比較)。

で、調べてみましたが、志田光は、164cm!

いいですね!

トニーストームと、ほぼ同じ・・・なんですが、トニーストームの方が、太って(そのままでスミマセン)いるので、小さくみえます。

レスラータイプとしては、ブロウラー(Brawlerケンカ屋)かな。

シャイニングウイザードがフィニッシャーみたいです(AEW解説陣は、ランニングニーと言っていた)。

個人的には、非常にグッドシェイプなので、総合格闘技っぽいう動きしてほしかったのですが・・・

・・・ないみたいですね。

アイスリボン出身。

・・・・。リホもそうでしたよね。

アイスリボン→AEW

スターダム→WWEなの?

ASUKAって、どこ出身なの?・・・わからん。ASUKAのWikipediaは充実し過ぎて、なに書いてあるか、わからん。

なんかもう、ひとり親方みたいな感じで活躍してたんでしょ?

ようするに。


・志田光が勝った。


シャイニングウィザード!
シャイニングってひざにちょっと乗らなきゃなんですよね。
それはやってないので、
ランニングニーでもいいかも。
どちらかというと、スライディングニーみたいな感じ。
そんなんできるかいな。

・・・というわけで、レスラー単体としてみたとき、志田光そのものには、とくになにも・・・というのが私の感想です。

AEW、女子部門なんとかしたいみたいですけれども、Weeboo(日本秋葉原オタク外人)ねらいでは、ダメでしょう。

リホはベタでそれだったんですけれども、志田光は、ちがう味だせるんでしょうか。

岩谷麻優ひっぱって来たいんでしょうけれども、もう(所属のスターダムが)新日本傘下(正確にはブシロード)だから、無理なんじゃないでしょうか。

マニア(女子プロレスファン)に言わせれば、なに言ってんだ、もっと逸材いるよ!と怒られそうですが・・・

・・・みるのは、私みたいな女子プロ音痴なので・・・プロレスとして、なにかみせてもらわないとピンと来ないです。

とくにアメリカは、ほんとう女子プロレス、ハードル高いですね。

あいかわらず、風当たりは強い感じです。

シャーロット引退したら、WWEもヤバイでしょうね。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m