ガラガラUFC(UFC 249)

(「ゲイジー vs. ファーガソン」
出典:UFC)

こんにちは、ヤマガタです。

コロナウイルスのため総スカンのスポーツ業界ですが、プロレスのガラガラは見慣れたものの、UFCはどうなったのでしょうか。

紆余曲折あって、ようやく開催されたUFC 249。

メインは、UFC世界ライト級暫定タイトルマッチでした。

トップ画像のとおり、ジャスティン・ゲイジー(Justin Gaethje)vs. トニー・ファーガソン(Tony Ferguson)。

早速みてみましょう。

(以下、画像出典はUFCです。)


・ガラガラだった。


ブルース・バッファーは、
とりあえず仕事してた。

今回ようやくコロナパンデミック下で開催されたUFC249ですが、Wikipedia(日本語版)に経緯がくわしくまとめられています。

① もともと王者ハビブのタイトルマッチだったが、ロシアが渡航許可をしなかったので、却下。この時点で暫定タイトルマッチ。

② 泣く泣くアメリカ居住者のみの大会へ。会場はカリフォルニア州インディアン自治区という反則技で、なんとかしようとおもったが、土壇場でテレビ局のお偉いさんたちがストップ。

③ やけくそでフロリダ州へゴー。ガラガラしかも厳しくガラガラならOKと言われ、今日にいたる。

・・・そんな感じで、体裁は辛うじてUFC(会場もそんな感じ)、でもガラガラで大会が行われました。


・どんな試合だった?


ファーガソンの右バックスピン上段!!
ゲイジーがダッキングで・・・
・・・って、
よく交わせるよな、おい。

試合ですが、始まってしまえば、UFCですので、ショーでもなんでもないので、ストリートファイター的にいえば死合(い)です。

・・・なんかWWEもそうですが、無観客試合って、殺伐感がすごいんですよね。

だから、ショー的要素が削ぎ落されて、真剣勝負の雰囲気が前面に押し出されます。


・5RTKO


ファーガソンの流血がひどく、
口に入った血をペッとか、
やっていた。

で、試合はもともとハビブの相手だったファーガソンが勝つと思われたのですが・・・

ゲイジーのパンチがヒットし続け、ファーガソンの顔を腫れさせてゆきます。

シーンとしたなか、血まみれのファーガソンがフラフラ下がっていったところ・・・

・・・最後はレフェリーが割って入って、ゲイジーのTKO勝ち(5R)となりました。

ゲイジーは素直に喜んでいました(そりゃそうだわな)。

ファーガソンも顔がすごいことになっていたので(上掲画像)、受け入れざるを得ない敗戦でしょう。

それにしてもゲイジーは穏やかな顔して攻撃激しいね。

さすがUFCという感じでした。

つぎの会場決まっているんですかね。

機会があったら、また記事にしてみたいとおもいます。

・・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m