G1クライマックス5日目KENTAvs.ランスアーチャー。

(「ランスアーチャー」
出典:NJPW)

こんばんは、ヤマガタです。

なんといってもヒデオイタミにはPV(ページビュー)稼いでもらった、という感謝の気持ちがありますから・・・

・・・納得するまで、KENTAの初陣、追って行きたいと思っています。

懸念されるのは、ジュニア体格(174cm)のKENTAが、ヘビーをどのくらい釣り合うか。

今回G1クラマックス5日目、KENTA3戦目の相手は、巨漢203cmのランスアーチャー(Lance Archer)でした(トップ画像)。

釣り合うものなのでしょうか・・・?

早速みてみましょう。

(以下、画像出典はNJPWです。)


・これはナイとおもうのだが・・・。


ヒザ1発で
終りそう・・・。

・・・あんのじょう、かなり凹凸の激しい光景がみられました(上掲画像)。

一応、ストロングスタイルなので、試合として体裁を持たせなければなりません。

一体、どのような展開が用意されているのでしょうか?


・ちょっと酷かった。


GAME OVER!!

ちょーーーーーっと説得力なかったかな、いや、だいぶ・・・

・・・という試合でした。

最後まで、大人と子供の構図は崩れず。

KENTAが序盤、ローキックでランスアーチャーを攻め立てる、というところは、いかにも・・・という感じだったのですが・・・

・・・徐々にランスアーチャーが体格でKENTAを圧倒し始めます。

完全に小人あつかいで、私には両者の対格差は公表のもの(174cmと203cm)以上あるようにみえました。

こんな対格差なので、Go 2 Sleepはできません。

最後、ランスアーチャーが攻め立て、チョークスラムをしようとしに来たところ・・・

・・・KENTAが切り返し、三角締め→GAME OVERへと移行(上掲画像)。

これが決まり、ランスアーチャーがギブアップ、という展開でした。

・・・視聴者的にも観客的にもポカーン・・・じゃなかったかな。

ここはKENTA、ランスアーチャーに落して・・・

・・・ランスアーチャーはオカダカズチカに黒星つけさせればよかったとおもいます。

そうした方が、みんなKENTAに感情移入できるようにいなったのではないでしょうか。

ちょっとKENTA無敵アングルは不自然さが見えて来たかな。

もうちょっと等身大のKENTAで活躍してほしいという感じがしました。

みなさんは、どう思われたでしょうか。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m