紫雷イオのラダーマッチ(2019/11/13 NXT)

(「なぜラダー?」
出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。

AEWは3週連続でスキップします。

Wednesday Night Warsでは、もうほとんどAEWとNXTの視聴率ならびに視聴者数が同じであることが報告されています。

第6回(2019/11/06)
NXT:81万人(視聴率0.30%)、AEW:82万人(視聴率0.35%)

第5回(2019/10/30)
NXT:58万人(視聴率0.18%)、AEW:76万人(視聴率0.33%)

第4回(2019/10/23)
NXT:69万人(視聴率0.21%)、AEW:96万人(視聴率0.45%)

第3回(2019/10/16)
NXT:71万人(視聴率0.20%)、AEW:101万人(視聴率0.44%)

第2回(2019/10/09)
NXT:79万人(視聴率0.22%)、AEW:114万人(視聴率0.51%)

第1回(2019/10/02)
NXT:89万人(視聴率0.32%)、AEW:140万人(視聴率0.68%)

今回は第7回目ですが、まだAEWが辛うじて勝つかもしれません。

FullGear後ですからね。

ただAEW・・・もう、マンネリ感、インディー感はぬぐえなくなってます。

個人的には、サミ―ゲバラとかもう、ビジュアル的にダメだわ。

(以下、画像出典はWWEです。)


・ラダーマッチ。


勝った。
だからビアンカベレアは
いつヒールターンしたの?

紫雷イオの試合に進みましょう。

前回のつづきで、今回、紫雷イオはミアイムとラダーマッチしました。

本記事トップ画像にあるとおり、なぜラダーなのか全然わからなかったのですけれども、試合終盤になり・・・

・・・天井が映し出されるとブリーフケースがあったので、だからラダーなんだとようやくわかりました。

ブリーフケースのなかにはWarGamesの先行権みたいなのが入っているみたいでした。

試合は終盤、ダコタカイの介入でミアイムがブリーフケースを取りそうになるのですけれども・・・

・・・現NXT UK女子王者のケイリーレイ(Kay Lee Ray)が介入し、紫雷イオが勝利しました(上掲画像)。

いつのまにトニーストーム陥落したんですかね・・・NXT UK女子王者・・・。


・ベイリー


だからベイリー・・・
へんにグラマラスなの
やめてくれ・・・。

試合終了後、紫雷イオ属するヒールチームのキャプテン、シェイナバズラーが、よっしゃよっしゃみたいにでてきて・・・

・・・紫雷イオもやったぜ、みたいなポーズするんですけれども・・・

・・・このふたり(シェイナバズラー&紫雷イオ)の仲の良さにアングル的な矛盾を感じて理解できないでいると・・・

・・・背後からベイリーがバズラー(ベイズラー)を攻撃。この前の仕返しをしたのでした。

・・・以上をまとめると、Survivor SeriesとTakeOverのアングルづくり、ってことです。

WWEのアングル追うの大変だから、AEWは無視・・・ってWWEのおもうどおりの記事書いていますね。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m