ジョンモクスリーvs.鈴木みのる(The New Beginning大阪)

(「ジョンモクスリーは超多忙なんだろう」
出典:NJPW)

こんばんは、ヤマガタです。

昨日にひきつづき新日本プロレスのThe New Beginning大阪大会をみてゆきたいとおもいます。

今回は、海外向け宣伝活動では、おそらくこっちが優先されていたであろうジョンモクスリーvs.鈴木みのるです。

IWGP US王座戦ですね。

(以下、画像出典はNJPWです。)


・鈴木みのる。


観客席から入場してきた
ジョンモクスリーだったが、
くるりとリングから方向を変え、
花道に走っていった。
→ イスでの殴り合いで試合開始。

ジョンモクスリー自身、新日本プロレス参戦当初から、鈴木みのるとの対戦を希望していました(この記事)。

鈴木みのるは、鈴木みのるで、WrestlingObserverをはじめ、海外で非常に評価が高いです。

・・・まあ、パンクラス出身ですしね。

・・・ちょっと調べてみました。

ザ・ロック 47歳

アンダーテイカー 54歳

ゴールドバーグ 53歳

スティング 60歳

・・・なんか、コレという情報が得られませんでしたが、いや本試合、51歳の鈴木みのるが、あまりにも動けていたので・・・

・・・こんなに50過ぎの人間のカラダは動くのか?とびっくりして、調べただけです。

食生活は節制していないみたいです。

なんか、ベタなプロレスに戻って、アスリート系の食事がバカらしくなったって言っていました。

参考:世界一性格の悪い男・鈴木みのるが語る「アントニオ猪木のこと、高山選手のこと」【レスラーめし】

この連載↑おもしろいですよね。


・モクスリーが勝った。


デスライダ―!!

試合は、半分以上、場外でやっていたのではないでしょうか。

最近ようやく気づいたんですが、ジョンモクスリーがWWE離れてやりたかったのは、こういうラフファイトだったんじゃないか、とおもいます(AEWのこの試合とか)。

いわゆるハードコアってやつですね(Wikipedia)。

・・・で、ちょ~っとラフファイト(brawl)が多すぎたような気もしますが、表現力がすばらしいふたりなので、単調にはなっていませんでした。

もっと鈴木のグラウンドあってもよかったとおもう。

なんか流れでエルボー合戦になっていたようにみえました。

エルボー合戦になると、モクスリーのメチシリン耐性黄色ブドウ球菌感染症が気になります(なんかバンソウコウみたいなのが貼ってあった)。

そんなこんなで、海外向けには実質メインイベントだったわけですが・・・

・・・最後はデスライダ―→フォールでジョンモクスリーが勝ちました(上掲画像)。

20分くらいの試合でした。

試合後のセグメントをみるかぎり、ジョンモクスリーへの挑戦者、どうやら次はザックセイバーJr.のようです。

完全に新日本の海外向けコンテンツ担当やね、ジョンモクスリー・・・。

ちなみに、WrestlingObserverは、ジュースロビンソン、もう終わっているとおもっているっぽい。

ジュースの登場時間はトイレの時間だ、みたいなこと、どっかで言ってました。

ソースちょっとみつけられなかったけれども、みつけたら、ここにでも加えますね。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m