NXT祭り(RAW 2019/2/18)

(「DIY再結成」出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。

AEW所属が決まってからケニーオメガというレスラーにまったく興味を持てなくなってしまいました。

たぶん、ほとんど深層意識のレベルで私、コーディとヤングバックスが嫌いなんだと思います。

自分でもあの三人(コーディ+ヤングバックス)、好きではないという自覚があるんですが、自覚のないところでもっともっと嫌いなんだと思います。

(以下、画像出典はWWEです。)


・リコシェRAWデビュー。


これが一番反響あったっぽい。

さて、今回のRAWですが、NXTの選手がやたら出演する、という異常事態でした。

昇格ではないみたいです。

後述する通り、ガルガノとチャンパは、共にNXTチャンピオンとして出演しました。

で、初めにリコシェ(Ricochet)登場。

なんで外人のアナウンサーってうぃこしぅえい~みたいに言うんですかね。

フィンバラーを救うというどこかで見たアングルで登場し、おおいに観客を沸かせました。

相手は、なぜかプチ昇格を繰り返すリオラッシュと、ボディービルダーのビデオに出演していそうなボビーラシュリーでした。

真っ黒、うす黒、日焼け、白。

日サロ行っているんですかね。

もちろんフィンバラーとリコシェ組が勝っています。


・アリスターブラックRAWデビュー。


お墓から蘇生する

ゾンビのように登場。

あのデデデデデデ!!みたいな入場曲は

かなり好きです。

次に、アリスターブラック(Aleister Black)が登場し、イライアスと対戦しました。

案の定ブラックマスで勝ったんですけれども、あれですね、イライアスっていいレスラーですね。

いままで真剣に見たことなかったので、そっちの方に気が取られました。

もっとヒールで売った方が味の出るレスラーだと思います(イライアスね)。

あるいは(イライアスの話ですけど)Smackdownに移籍して、エリックローワン、ダニエルブライアンと合流し、もうとんでもないヒゲみたいなユニット作ればいいのに・・・と思いました。


・DIYでRAWデビュー。


DIYで行きます。

そして最後に、トマソチャンパ(Tommaso Ciampa)ジョニーガルガノ(Johnny Gargano)がタッグで登場しました。

DIYとして、ですね。

チャンパもちゃっかりベビーに戻っていました。

NXT見てない人には、なんだこの地味な奴らと思われたかもしれません。

しかし私はNXTで彼らをしっかり見ているので、リスペクトの嵐でした。

とくにチャンパはね・・・。

しっかり彼の試合を見て判断してあげて、という感じです。

ああ、チャンパもとんでもないヒゲユニットに入ってもいいですね。

あるいはリコシェと組んで(自粛)。

なんでしたっけ、ドラゴンボールで頭光らせる技なかったですっけ。

そんな風に思いました。

とにかく最近、ブランド間の障壁がどんどんなくなっていますね、WWE。

205Liveの選手が、RAWとかNXTに出るのはうれしいですけれども、NXTはあのインディー感、もっと活かした方がいいと思う。

むしろNXTだけ他団体の選手出場させる・・・とかそういうアングラ感がほしい。

そんな風にも思いました。

言いたい放題ですみません。

聞き流して下さい。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m