ジョンモクスリーが新日本参戦について語る。

(出典:NJPW)

こんばんは、ヤマガタです。

いま世界で一番アツい男、ジョンモクスリー(Jon Moxley)。

彼が新日本プロレスのサイトで、参戦についての思いを語りました。

まとめてみたいとおもいます。

参考:The Moxley interview (1/2): Mox speaks on his NJPW debut!

参考:The Moxley interview (2/2): his NJPW debut, G1, more! 

参考:WWE News: Jon Moxley gives his thoughts on Shinsuke Nakamura’s WWE career


・ポイント。


新日本内の記事なので、正直、ジェントルマンなトークで、あんまり毒を吐いていないため、面白くないところもあります。

逆に意地悪な見方をすれば、次の点が挙げられますね。

① KENTA(ヒデオイタミ)には触れていない(KENTAは意識)。

② AEWには触れていない(この記事この記事も参照)。

③ G1開幕戦欠場には触れていない(この記事参照)。

④ WWEの悪口は言っていない。

以上を引き算したなかから、面白いトピックだけふたつ、みてみたいとおもいます。


・現在のナカムラシンスケについて。


最近フィンバラーとの抗争が勃発して、ようやく最悪の状況から抜け出せそうなナカムラシンスケですが、それまではグダグダでした。

モクスリーはどうおもっているのでしょうか。

こんな風に言ってます。

インタビュアー「新日本からWWEに行ったレスラーは結構いる。誰かに相談した?」

モクスリー「ナカムラシンスケだね。」

モクスリー「残念ながらWWEで彼と試合することはなかった。」

モクスリー「でもオレが新日本に行くと聞いて、シンスケは喜んでいたよ。」

モクスリー「カールアンダーソンなんかは、オハイオ州シンシナティで同郷だから、よく話したよ。」

–Some wrestlers have gone the other way from NJPW to WWE. Did you talk to any of them about New Japan?

Moxley: Well, Shinsuke Nakamura is in WWE and doing very well. I never got to wrestle him sadly, but he heard that I was likely going over to be in the G1 and he was very pleased, said it was a great life experience. Karl Anderson, who I’ve actually been friends with since I was 18, since we’re both from Cincinnati. I asked him about the G1, a few others as well, and everybody was great and said ‘yeah, go for it’.

インタビュアーは、完全にモクスリーから、この話題を引き出したかったんでしょうね。

ただ新日本シバリで質問しているから、KENTAとか、ASUKAとか、カイリセインとか、トザワとか、紫雷イオとか、出て来ない。

とりあえずこの話題続けましょう。

インタビュアー「今のナカムラシンスケに何か言いたいことある?」

インタビュアー「WWEのトップで大きな動きを起こしたレスラーとしてさ。」

モクスリー「ナカムラシンスケはWWEで成功しているよ。」

モクスリー「カリスマ性もあるし、エグイ(flamboyant)し。」

–What are your thoughts on Nakamura, as somebody who was a top wrestler that made a big change, much like you have done?

Moxley: I think he’s doing great there. Fans love him. It’s a different style, but he fits in well because he is charismatic, he is flamboyant. He can go, so whether it’s a New Japan ring or a WWE one he can do well anywhere.

インタビュアーとしては、モクスリーに「俺と一緒に新日本でやろうぜ!」とか言わせたかったのかも知れません。

でもモクスリーは社交辞令で終ってますね。


・鈴木みのるに興味。


ほかにジュースロビンソンへの賛辞(でもドレッドヘアーやめんなよ、とか言っている)などありますが、ここでは割愛。

注目すべきなのは、海外で評価の高い、鈴木みのるへの言及ですね。

インタビュアー「でもなんで新日本に来たの?」

モクスリー「もともと新日本のファンだったのさ。」

モクスリー「フロリダにいたときなんか、棚橋弘至や鈴木みのるの試合をみてシビれたぜ。」

モクスリー「おれにとっては新日本こそがプロレスだ。」

モクスリー「おれは今、いるべきところにいるんだ。」

–Is there any particular reason why you chose NJPW?

Moxley: I’ve always been a fan of NJPW. I loved their wrestlers and matches. When I was in Florida I was obsessed with watching Hiroshi Tanahashi and Minoru Suzuki. To me NJPW is pro-wrestling, and I knew I needed to be here.

あ~ようするに、ディーンアンブローズ(ジョンモクスリー)は、シールドのなかで、一番イヤイヤやってた、ということなんですかね。

リーダーだったんで一番乗り気だとおもっていたんですが。

インタビュアー「鈴木みのるか。」

インタビュアー「キミについてTweetしてたよね。勝負してみたいと。」

モクスリー「知り合いなんだよ。レッスルマニアウィークエンドやインディーショーで、個人的に会ったことがある。」

モクスリー「みのると技のキメ合いしてみたいぜ。」

モクスリー「彼の大ファンなんだ。」

–You mentioned Minoru Suzuki, and he actually tweeted that he would like to fight you…

Moxley: Interesting news to me. I would love nothing more than to share a ring with him. He snaps my arm, cool, it was an honour. I snap his, and I’ve snapped the arm of the great Minoru Suzuki. So either way it’s a good result for me and the fans. That idea, it’s just two dudes who… I feel I understand him. The pleasure he gets out of inflicting pain, and the pleasure he gets out of being in wars. I saw him at WrestleMania weekend live and in person at an independent show. It was a wild 20 minute brawl with sweat flying everywhere and I loved it. I’m a big fan of his.

年齢的には、オカダから内藤あたりの世代のジョンモクスリーですが、意外にも、もうすこし上の棚橋弘至や鈴木みのるに興味があるんですね。

こうまとめてみると、おもったより興味深いインタビューでした。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m