ケニーオメガが肉体限界というウワサ

試合は精力的にこなしているが・・・
(出典:AEW)

こんばんは、ヤマガタです。

プロレスのムーブというのは、みているより100倍危険で・・・

いろいろ記事書いていると、プランチャーしただけでも、あ、コイツの指当たって骨折ったんじゃないか・・・とか考えるようになります。

Sin Cara Fail Compilation

どっかでも触れましたが、シンカラのボッチコンピレーションですね。

1:35あたりで、アルベルトデルリオにトペ打って指骨折してます。


・ハルクホーガン


レッグドロップ
(ランニングレッグドロップ)
この単純なムーブの積み重なりで、
ホーガンの背中は今、
悲鳴をあげている・・・。

プロレスのムーブが、見た目よりいかに身体に有害か、を教えてくれるのが・・・

けっこう最近(2019年ごろ)、公(おおやけ)になったハルクホーガンの件ですね。

ホーガンは、ランニングレッグドロップという、見た目には非常に簡単なムーブをフィニッシャーにしていたのですが・・・(上掲画像)

それを興行の度、くり返し行ったことで、いまは背骨ガタガタみたいです。

もし人生で過去に変えられることがあったとしたら、オレの場合、フィニッシャーだね。

ぜったいレッグドロップはやらない。

あのせいで、いまオレの背中は手術痕だらけなんだ・・・。

If I could change anything, it would be my finisher. I would never use the leg drop. I’d use the sleeper. All the back surgeries I’ve had are because of that damn leg drop.

参考:WWE News: Hulk Hogan Wishes He Had Never Used The Leg Drop As His Iconic Finisher

2019年の記事です。


・ケニーオメガの場合


レッグドロップで、この有様なんですから、現代プロレスの申し子ともいえるケニーオメガが・・・

・・・あのムーブで大丈夫なわけがない。

とにかく、ヘルニアで日常生活もままならないみたいです。

オメガは、ヘルニア、尾骨損傷、七針(どこかを)縫った、ウイルス性胃腸炎、膝の摩耗と断裂・・・地獄の苦痛を味わっていたらしい。

もう潮時(引退)とも何度も考えたらしい・・・。

Several weeks ago, Meltzer said Omega was dealing with the hernia, a deep tailbone bruise, seven stiches following a belt shot to PAC at Double or Nothing, a stomach virus and “the normal wear and tear on his knees.”

“…He’s definitely in a lot of pain getting through the recent big matches. At the fan fest the day before the PPV, he said there are days he wakes up and walks around where he thinks maybe he’s close to the time to hang it up because his body is feeling worse.

ただ、直近情報だと、幹細胞移植手術などを受け、現在は調子がよくなっているとのこと。

参考:AEW’S KENNY OMEGA FEELING BETTER AFTER STEM CELL TREATMENT

・・・というわけで、やっぱりプロレスほどハードなスポーツはない、という話でした。

まあ、そうといえばそうとしか言いようがないんですが・・・。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m