ジョンモクスリーが王座陥落ほか(2021/7/21 Fyter Fest Day2)

場外10カウント負け
(出典:AEW)

こんにちは、ヤマガタです。

ジョンモクスリー、US王座陥落しましたね。

ベルトの移動先は、新日本プロレス出身、ランスアーチャーです。


・どんな試合だった?


フォークで、
ランスアーチャーの額を
出血させる・・・!

Fyter Fest 2日目は、テキサス州Curtis Culwell Centerというところで開催されました。

参考:Curtis Culwell Center(Wikipedia英語)

キャパ17,000人くらいなんですけど、満員だったかな・・・

観客は盛り上がってました。

モクスリーの試合は、メインで、相手はランスアーチャー・・・

テキサスデスマッチという、いわゆるNODQ戦(反則裁定ナシ)の試合でした。

上掲画像のとおり、かなりのラフファイト。

モクスリーは、本当に、こういうインディー系がやりたいんだね・・・。

で、ランスアーチャーにUS王座明け渡しました。

最後、ランスアーチャーが、ジョンモクスリーを、有刺鉄線ひいたテーブル(なんでそんなのが用意されているのかわかりませんが、リングの下にあったのが引っ張り出された)のうえに、チョークスラム!

そのままモクスリーが場外 10カウント・・・って、あれ?新日本プロレスルールだと 20カウントじゃないの?

でも、テキサスデスマッチだと 10カウントのわけなんでしょう・・・。


・モクスリーと新日本プロレスの関係は?


これで、ジョンモクスリーと新日本プロレス、切れてしまったのか・・・

それとも、いよいよIWGP王座戦線に参戦してくれるのか・・・

ジョンモクスリーの新日本プロレス本格参戦を、私は期待したいところです。


・CMパンクとダニエルブライアン


CMパンクと、ダニエルブライアンのAEW参戦が、かなり現実味を増してきました。

ダニエルブライアンについては、以下のとおり。

WWE退団がウワサされているダニエルブライアンだが、AEWにはロックオンされ、100%AEW行きが決まったーーーーそう、Bodyslam.netのライターは言っている。

Daniel Bryan is “‘locked in’ and has 100% already signed a contract with AEW,” according to Cassidy Haynes of Bodyslam.net.

参考:Rumor Roundup (July 22, 2021): Bryan to AEW, CM Punk, NXT’s status, Raw Olympics change, more!

CMパンクについては、以下のとおり。

Fightfulのソースによれば、CMパンクとAEWの間での交渉が大詰めを迎えているらしい。

WWEの上層部は、すでにそのことを察知しているもよう。

According to a report from Fightful, CM Punk has been considering a comeback to pro wrestling with AEW as the front-runner.

While light on specifics, the report said that Punk and a company official “have had ongoing conversations about an in-ring return.” They added that, “We have been told in recent days that higher ups in WWE believe that Punk is headed to AEW” and that while other companies have had interest, they hadn’t heard of any offers.

参考:CM PUNK REPORTEDLY TALKING WITH AEW ABOUT IN-RING COMEBACK

CMパンクとダニエルブライアン、AEW来たら、もう完全にAEWはWWEと肩ならべるかな・・・

・・・も~・・・新日本プロレスのアメリカでの居場所ないよ。

ロス道場とか、NewJapanStrongとか、どうすんの?

NXTに売るか?

売れないだろうなあ・・・

・・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m