紫雷イオ vs. シャーロット(2020/5/6 NXT)

(出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。

以前の記事でお伝えしたとおり、ラダーマッチ勝者になった流れでNXT王者シャーロットに紫雷イオが挑戦したNXTきっての黄金回だったのですが・・・

2020/5/6  視聴者数

NXT 663,000  vs. AEW 732,000

と、ゴールデン&ブラックブランド(とNXTは呼ばれる)は、AEWに惜敗しました。

・・・今回は鉄板だとおもったのですが、WrestlingObserverには、つぎのようなそっけないコメントが載っていました。

個人的には今回のNXTは、みなくてもよかったとおもっている。

キラークロスのデビューくらいしか、見どころは、なかった。

じつにパッとしないショーだった。

In my opinion this show was completely skippable aside from maybe the debut of Karrion Kross. Even that match was short as was most of the other matches. This was very lackluster episode.

・・・いや、トザワ出たし、KUSHIDA出たし、日本人的には黄金回だったんですが・・・

(以下、画像出典はWWEです。)


・シャーロット vs. 紫雷イオ


シャーロットのオーラがすごい。

そんなこんなで、シャーロット vs. 紫雷イオです。

試合自体は、アナウンサーにマウロラナーロがいたこともあって、ガラガラシラケ感はありませんでした。

・・・ただ、どうかな、試合としては、やはりシャーロットって、実物で戦うとオーラすごいんだろうな、という感じでした。

イオさん怒るでしょうが、やはり島国日本から来た自称トップの紫雷イオと、世界のシャーロット、みたいな感じが開始早々にじみでていました。

もっと言ってしまうと、こんなデッカイおんなに勝てるわけないじゃん、という雰囲気で、それは上掲画像をみてもわかるとおもいます。


・DQで勝ったが王座移動なし


このケンドースティック反則攻撃で
シャーロットの反則負け。
でも王座戦としてはDQ(無効試合)になり、
イオ戴冠は、なかった。

攻防自体は、おなじ量、攻め合っていたのでしょうが、やっぱりちっちゃいイオと、でっかいシャーロットなので・・・

・・・紫雷イオの攻撃が効いている感じがしない。

なので、最後シャーロットが追い詰められるかたちでケンドースティック使うのですが(上掲画像)、なんで使う必要があったのか・・・

・・・すこぶる唐突で、腑に落ちませんでした。

というわけで、結果的には、紫雷イオが不運にも王座を取り逃した、ということになりました。


・リアリプリーが介入


オマエは黙っとけ!
と言いながら、
イオを置き去りにするリアリプリー。

試合結果が出てから、リアリプリーが介入にやって来ます。

じつにレッスルマニア以来のカムバックです。

リアリプリーは、一方的にシャーロットを攻撃。

紫雷イオは、置き去りにされます(上掲画像)。

ファンとしては、シャーロット vs. リアリプリー vs. 紫雷イオの三つ巴をみたいのですけれども・・・

・・・正直、体格的に、紫雷イオ→ビアンカベレアのほうが、釣り合う、というのがWWEの見方かも知れません。

ただ人気がね。

紫雷イオは、人気があるので、なんとかトップ戦線にのこってくれるとおもいます。

ただ、シャーロットとは釣り合わない。

技術的には互角以上(紫雷イオのほうが上)だったとしても。

というか、シャーロットとか、ナイアジャックスは、規格外すぎる。

このひとたち出てくると、ほかの選手がみんなクルーザーウェイトになっちゃうんだよね。

そんな風におもいました。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m