GoProレンタルをやってはいけない③:業者の実態

[国内正規品] GoPro HERO6 Black ウェアラブルカメラ CHDHX-601-FW

こんばんは、伊田です。

まったく関係ないですけれども、あたらしく配布されたAll In One SEO Packのバージョン3.3.4は絶対インストールしないでください。

WordPressだと、アイキャッチ画像の操作が狂わされます。

もし誤ってインストールしてしまったら、WP Rollbackというプラグインを追加インストールして、デグレード(バージョンを落とす)をしてください。


・ほんとうに借りられているの?


レンタルが入っているのは
GoPro HERO6のみ。
極論を言ってしまえば、
これすら嘘である可能性がある。

・・・さて、GoProレンタル業者についての記事が、結構、読んで頂いているみたいなので、続編を書かせていただいています。

はたしてGoProレンタルなど、する必要はあるのか。

私の結論は、5,000円も払うのだから、中華カメラを買えばよい(同じ値段)、でした。

じっさい、GoProレンタルなんて、需要はあるのでしょうか。

実態は上掲画像のDMMのサイトを訪れてみれば分かります。

ほとんど予約はありません。


・「せどり」とかやっている可能性大。


ある業者の
クラウドファンディング、

集金はゼロ。
ここも参照。
そもそも自宅でもできる個人事業だから、
実際80万円集まったなら、
ゴッソリ儲けとして奪われるはず。

そうかんがえると、GoProレンタル申込者20人のうち1人がタダ、なんてキャンペーンが、あったとしたら、まず当選者はいない、と理解せざるを得ません。

20人も申し込みはないわけですから。

実態ですが、Amazon出品のこの業者と、GoProレンタルのこの業者が同一であることをみるにつけ・・・

・・・ビジネス以前のなにか、ですね。

せどり、みたいなのがGoProレンタル業者の実態だとかんがえてください。

私はHERO6をふつうに買ったので、それを使って精進します。

もしGoProレンタルをしなければならない必要があったら、楽天やDMMなど、個人事業主と確信のもてる業者を選ぶべきでしょう(業者一覧参照)。

・・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m