チャドゲイブルの205Liveデビュー(2019/6/11 205Live)

(「髪切った」出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。

ナカムラシンスケ、カブキウォーリアーズ(アスカ&カイリ)は、日本公演(6月28日、29日)におあずけでしょうか。

Smackdownで両者の出番はありませんでした。

その代わり、205Liveのほうですこし動きがあったので、みてみたいとおもいます。

(以下、画像出典はWWEです。)


・チャドゲイブル。


本記事トップ画像にあるとおり、チャドゲイブル(Chad Gable)が205Liveに初登場しました。

これが移籍(実質上の降格)か、一次的なものか(解説陣はワイルドカードか?とか言っていました)、今現在わかりません。

長髪もバッサリ切っての登場。

観客の反応は、はっきりいって薄かったのですが・・・


・さすが昇格経験者。


ここが一番もりあがったんだけど。
(ギャラハーが数十秒
この体勢を維持していた)

ただ、チャドゲイブル、すごくいいレスラーですね。

こういうところで改めてみると再認識できます。

205Liveのなかでは、バディマーフィ(すでに昇格)に匹敵する運動能力もっているとおもいます。

対戦相手は、かつてヒデオイタミと抗争していたジャックギャラハー(Jack Gallagher)でした。

ジャックギャラハーも、いまとなっては、NXTもNXT UKにも出る実力者です。

で、2人の試合はとてもレベルが高かったです。

ひさびさに205Liveみたこともあって、最後までみてしまいました。

最初ギャグっぽかったんですが(2人で同じ動きをするetc.)、だんだん本格的になってゆきました。


・チャドゲイブルが初戦勝利。


最後は、ジャックギャラハーがトペしたところをチャドゲイブルがキャッチして、場外でのブレンバスター。

それが効いたギャラハーがフラフラになって、場外10カウント負け、という結末でした。

・・・いい試合でしたね。

ただ、あいかわらず観客は少ないしシーンとしてました。

完全にMainEvent(RAW前に収録)のSmackdown版になってます、205Live。

ブランドとしての自己主張もぜんぜんできなくなってますし。

どうなるんでしょう。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m