小さいニュース(ジグラー, トザワ, タイデリンジャー, カメ&マンディ, 観客数)

(「このあとジグラーがでてきた」
出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。

2019/5/22マネーインザバンクFallOut(つづき)としてのSmackdownです。


1.ドルフジグラー帰還。


これが最大の話題かといわれるとゲンナリするのですが、これが最大の話題でした。

今年の1月にロイヤルランブル出て(もちろんバトルロイヤルの一員という脇役)以来だったみたいです。

てっきりAEWにでもなんにでも行きやがったのか・・・とおもっていたら、もどって来ました。

Super ShowDownサウジアラビア大会で、コフィキングストンのWWE王座に挑戦です。

参考:DOLPH ZIGGLER RETURNS, SETS UP WWE TITLE MATCH FOR SUPER SHOWDOWN

ジグラーの登場の仕方ですが、RAWでのポールヘイマンの”レスナーパラノイア”アングル(上掲画像)の流れで、起こりました。

ヘイマンがリングに上がったコフィキングストンに、レスナーくるよくるよ~・・・とからかっているところに背後からジグラー急襲!!

・・・という次第でした。


2.タイデリンジャーがAEWに。


すでにご存じかと思いますが、タイデリンジャーが、AEWの選手になることを発表しました。

Double or Nothing前日に、ほぼ前座のようなBuyInというイベントがあり、そこでバトルロイヤルみたいのが行われるみたいなんですけれども、そこに滑り込みでタイデリンジャー参加です。

参考:FORMER TYE DILLINGER ANNOUNCED FOR AEW CASINO BATTLE ROYALE


3.さりげなくトザワがプッシュ。


もうみていないんですけれども、205Liveでトザワアキラが、かなり好調に勝利を重ねています。

今回(2019/5/22)の205Liveでも、フェイタル5WAYを制しました。

おそらく・・・ですが、現クルーザーウェイトの時期挑戦者は、トザワかな?

ただ、元王者ということで、現王者のハクづけ的な仕方でトザワ使われているのちょっと気になります。

というのも、現在205Liveにいるクルーザーウェイト元王者って、トザワだけなんですよね・・・。

参考:WWE 205 LIVE RESULTS: FATAL FIVE-WAY MAIN EVENT

参考:WWE 205 Live results (May 21, 2019): Tony Nese’s next challenger

いや~・・・205Liveぜんぜん見る気しないわ。

NXT UKのほうが、まだ食指が動く。


4.観客動員数。


最近ちょっと気になることで、WWEが観客動員数を開示しなくなりました。

今回のMoneyInTheBankも、非公開。

視聴者数は、常にありとあらゆるメディアで監視され、いろいろ好き勝手言われています。(基本的に現在、絶不調だと言われている。)

いつもPPVのオープニングで、アナウンサーがSoldOut(全席売り切れです)!というのですが、だれも信用していません。

参考:News On The WWE Money In The Bank Attendance

・・・ちなみにこの手のニュース、一番強いのはForbesなのですけれども、広告ひどくて、駄目ですわ・・・。


5.カメーラとマンディローズのアングル(どうでもよい24/7王座)。


MoneyInTheBank女子ラダーマッチで、マンディローズがカメーラ(カーメラ)に蹴りを入れるシーンがあるんですけれども、かなり強烈なキックで、ガチでカメーラがキレたんじゃないか、とメディアを騒がせました。

参考:WWE News: Former SmackDown Women’s Champion calls Mandy Rose “unsafe”; deletes tweet

WWEのレスラーのなかでは、こういうの御法度で、ライバックがかなり嫌われていたみたいです。Wikipediaから。(後日追記:和解したみたいですね→この記事

PWInsiderによると、ドルフジグラーとCMパンクが、かなりライバックにむかついていたもよう。

ドルフジグラーの脳震盪は、ライバックとの試合によるもので、WWEメインロースターたちは彼を嫌い、プッシュも反故になった。

CMパンクなどは「あのステロイド野郎とやると、レスラー寿命が20年縮むぜ」とまくしたてていたもよう。

According to Mike Johnson of PWInsider, Dolph Ziggler received a concussion from a stiff clothesline by Reeves in a January 2014 match, with Johnson reporting that this damaged Reeves’s reputation among peers along with ongoing complaints of his recklessness – a reason why his recent pushes were aborted. In November 2014, CM Punk labelled Reeves as a “steroid guy” and said that wrestling him “took 20 years off” his life, while also claiming that Reeves purposely broke his ribs.

ようするに、このライバックみたいな雰囲気が、現在のマンディローズにある・・・とカメーラなんかは今言っているわけです。

この話、半信半疑なんですけれども、WWEはカメーラのツイートをネタにして、なのか事前にアングルとしてあったのか、よくわかりませんが・・・

・・・今回のSmackdownで、カメーラとマンディローズの試合がありました。

ただ早くも悪名高い24/7王座のセグメントに巻き込まれ、ノーコンテストでした。

参考:That might be the ugliest title in WWE history

カメーラとRトゥルース仲間だもんね。

・・・・・

以上です。

ナカムラシンスケは本当にうま~く、WWEに慰留させられちゃいましたね。

それより、AEW登場で、ROHとImpactWrestlingどうなるんでしょうか。

LuchaUndergroundは、この流れを早いうちに感じとって、終了にした(次シーズンがないだけなのですが・・・)のでしょうかね。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。